心臓弁膜症 2度の心臓手術体験記 〜私の覚え書き

アクセスカウンタ

zoom RSS 宇治川〜宇治橋と 茶だんご

<<   作成日時 : 2012/10/11 19:26   >>

トラックバック 0 / コメント 2

形成外科への行き帰り 宇治川に架かる宇治橋を通って行く。
この宇治橋から宇治観光が始まるが、今の時期は観光客も少ない。
画像

宇治橋は 646年(大化2年) 奈良元興寺の僧 道登によって
初めて架けられたと伝えられている。
画像

世界遺産の平等院もすぐ近くだが 10円玉でおなじみの
国宝 鳳凰堂は今、修理工事のため骨組みで囲われている。

琵琶湖から瀬田川へ、そして ここ宇治川へと流れて来た水は
さらに淀川へと下り 大阪湾へ流れ込んで行く。
山の向こうは 上流の滋賀県の瀬田川へ、琵琶湖へとつながる。
画像

紫式部の「源氏物語」 全五十四帖のうち、最後の十帖は
宇治の地を舞台として展開するところから、「宇治十帖」と
呼ばれている。
私自身は 源氏物語や光源氏には 関心がないが
ただ、千年の昔から流れていたであろうこの川の流れを
見るたび うまく言葉にできない感動がある。
悠久の時を流れてきた川の水音には
私の好きな仏像 弥勒菩薩半跏思惟像 (みろくぼさつはんかしいぞう)
にも似た 深い慈愛のような癒しや 力を感じてしまう。
歴史のちっぽけな私と 悠久の時を経てきたものとの
圧倒的な深みの差を思い知らされる・・・

宇治はお茶処なので 名物もお茶に関わる物が多いが
中でも 茶だんごは昔から知られている。
茶だんごを扱うお店はかなり多いが それぞれ ちょっとずつ
味が違うので 私も買うお店が決まっている。
画像

今日も帰りに やっぱり買ってきた
これから 熱いお茶を淹れて さっそくいただきまーす!










テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
宇治・・・・30代の頃10年ほど住んでいたので懐かしいです。塔の島などまだ幼かった子ども連れてよく遊びに行きましたよ。
宇治橋は架け替えられて立派な橋になりましたね。その少し前に引っ越したのですが、新しい橋は一度通りました。
豆パパ
2012/10/11 20:18
時々ひとりで ぶらっと宇治川散策に出かけます。医療センターの帰りとか。今日は宇治の形成外科へ。今 一番癒されるのが「川の水音」なんですが、なかなか お気に入りのCDに出会えません。
私の創は 下3分の2が みみず腫れのように赤いままで 肥厚性瘢痕になっていて、前回はステロイドテープを処方されたんですが かぶれてダメでした。今回 先生から創に直接 ステロイド剤を注射する方法を提案されましたが、以前ネットで調べたら とても痛い注射らしいので、保留にして自分がその気になったら また受診することにしました。あの心臓手術を乗り越えて、もう怖いものはない気でいましたが やはりかなり痛いという注射は怖いです〜
カワセミ
2012/10/11 22:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
宇治川〜宇治橋と 茶だんご 心臓弁膜症 2度の心臓手術体験記 〜私の覚え書き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる