心臓弁膜症 2度の心臓手術体験記 〜私の覚え書き

アクセスカウンタ

zoom RSS 明治天皇伏見桃山御陵へ

<<   作成日時 : 2012/12/04 20:28   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今年は 明治天皇崩御から100年に当たり
昨日 京都入りされた天皇皇后両陛下が
今日の午前中に
明治天皇伏見桃山陵 (ふしみのももやまのみささぎ) を
参拝された。
何年も前に一度、 こちらの御陵参拝に向かわれる
両陛下の車列を 沿道で拝見したことがある。

宮内庁直轄の 緑の木々に囲まれた広大な丘陵に
明治天皇の御陵と、
皇后であられた 昭憲皇太后の御陵がある。

身が引き締まる とても神聖で神々しい場所であるのだが
午前8時30分から午後5時までは 一般人が訪れるのも
御陵の目前で参拝することも 自由にできる。

御陵の目前 真下に 約230段の急な石段があり
この石段をはじめ、広大な敷地内には 坂道も多く
ジョギングやウォーキング、散策など
ジャージ姿で トレーニングしている人々も多い。
春には 石段横の木々の中から ウグイスの美声が
盛んに聞こえてくる。
画像
           この石段上 真正面に明治天皇陵

地域住民の私達は この丘陵を 京都弁のアクセントで
「御陵さん(ごりょうさん)」 と 親しみをこめて呼んでいる。

私も 弁膜症が発覚する前は この石段を上っていたが
発覚後は 石段は もっぱら下る時専門になってしまった。
なので、御陵までは 回り道の坂道を上って行くが これも
けっこうな歩数になり 心肺機能強化にいい運動になる。

今日の循環器科定期受診の帰り道、3か月ぶりくらいに
伏見桃山御陵を参拝し、散策して来た。
今日も かの石段は やっぱり 帰りの下りだけに・・・
次回は上りに挑戦してみよう!
前回も やはり 循環器科の帰りで 日傘をさして
砂利道を歩き、暑かったが 緑陰がとても気持ち良かった。
自宅から歩いて 35〜40分の距離である。
おかげで 今日の歩数計は 1万歩以上になった。

帰りに 車道まで下りてくると 何かが 車の途切れる間に
左手の木々の茂みから飛び出し、車道を横切って跳ね
右手の木々の中に飛び込んで行くのを目撃した!
うす茶色い猫かと思ったが 木の上にかけ登ったのは
何と「お猿さん」 だった! 木々をゆすりながら
飛び回っていた。 何度も通っている場所だが
こんな住宅地で猿を見かけたのは初めてで ビックリした!



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
明治天皇伏見桃山御陵へ 心臓弁膜症 2度の心臓手術体験記 〜私の覚え書き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる