心臓弁膜症 2度の心臓手術体験記 〜私の覚え書き

アクセスカウンタ

zoom RSS 幻想的な千本鳥居 〜 伏見稲荷大社

<<   作成日時 : 2013/03/08 01:58   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像

昨日は 税務署からの帰りに 電車で3駅のところにある
伏見稲荷大社を訪れた。 全国に約3万あるといわれる
稲荷神社の総本宮であり、お正月の初詣の人出の多さも有名だ。
711年に 秦伊呂具 (はたの いろぐ) が 稲荷山の3ケ峰に
三柱の神を祀ったのが始まりと伝わる。
その時代から なんと1300年もの時が過ぎたことになる。

五穀豊穣、商売繁盛、家内安全、所願成就の神様として
信仰が厚い。 京都では 「伏見稲荷」 といえば
「商売繁盛の神様」 というイメージが強いかもしれない。

画像


画像


目の覚めるような朱塗りが美しい楼門や本殿から
稲荷山山頂の 「一の峰上社」 まで お山全体が神域である。

とにかく お山全体に 朱塗りの大小の鳥居が並び立ち、
神の使いであり、神社のシンボルである 「おキツネさま」 が
あちこちに存在し 一度足を踏み入れたら、この大社独特の
お稲荷さんの不思議なパワーに圧倒されずにはいられない!

京都にある数多くの有名神社とは 趣が異なる印象がある。

私は この大小無数の鳥居とキツネから発せられる
強烈なパワーが とても好きだ!

今 流行りの言葉でいえば 「パワースポット」 といえるかも!

そのせいか この日の午後は 若い人たちが際立って多かった。
外国人、特にアジア系の若者も目立ち
韓国語などが飛び交っていた。

鮮烈な朱塗りの無数の鳥居と白狐 ( びゃっこ) の存在感に
外国の人たちは いったいどんな印象を持ったのだろうか?
とても知りたいところだ。

画像


画像

千本鳥居
祈願と感謝のあかしとして奉納された鳥居は
5000基にもなるという

















テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
伏見稲荷はまだ娘が小さい頃に(25年くらい前かな?)、一度お参りしました。
お弁当持って登っていき、勧修寺方面に下りるつもりがどこかで道を間違えて下りたら東福寺でした^^;;;
花粉症が終わったら大文字山に登ろうかなどと言っています。
豆パパ
2013/03/08 20:59
豆パパさん こんばんは。
数年前 稲荷山を登り、泉湧寺前に出て
清水寺に裏側門から入ったことがあります。
大文字山も同じ頃に 蹴上の南禅寺側から登り
「大」の字の火元の所で、
一望できる京都市街の景色を眺めながら
お弁当を食べて 帰りは 銀閣寺側へ下りました。
今から思えば あの頃はすでに弁膜症になっていたのだと思いますが そんなこととは知らないままで
稲荷山や大文字や醍醐山に登っていた私です。
大文字山、ぜひ上からの眺めを楽しんで来て下さい。
カワセミ
2013/03/08 21:36
お早うございます(^^)。
私も年末に横浜の孫二人連れてお稲荷さん
にお参りして来ました。
小雪が舞う寒い日でしたが初めて見る
連なった朱色の鳥居に歓声をあげてました。
暖かくなりましたね(^^)。
あいべん
2013/03/09 05:13
あいべんさん 待ちかねた春になりましたね!
これから川沿いのカワセミ観察も楽しみです。
初めて伏見稲荷の千本鳥居を見た人は
誰でも強い印象を受けると思います。
この日も 若者たちから歓声が上がっていました。
所用の帰りに ふらっと立ち寄れる寺社が多いのも
京都の魅力ですね。
 
カワセミ
2013/03/09 22:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
幻想的な千本鳥居 〜 伏見稲荷大社 心臓弁膜症 2度の心臓手術体験記 〜私の覚え書き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる