心臓弁膜症 2度の心臓手術体験記 〜私の覚え書き

アクセスカウンタ

zoom RSS 印象派 モネ展 〜 京都市美術館

<<   作成日時 : 2016/03/04 01:19   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像



今日の 仕事後ぶらり散策 は 楽しみにしていた
モネ展 〜 マルモッタン・モネ美術館所蔵 へ。
印象派の画家 クロード・モネ の生涯を辿るコレクション展


画像

平日の午後でしたが 多くの観賞者で混んでいた 京都市美術館
人が写り込まないチャンスを待って撮影するのに 苦労しました。
ソメイヨシノ のつぼみは まだまだ固いまま


画像
     モネ といえば やはり 「睡蓮」 シリーズ  


画像
       「ジヴェルニーの黄色いアイリス畑」


モネ の作品は やはり 人物画よりも 風景画に魅かれます。

ここに UPしていませんが
「印象派」 という 呼び名の由来となったという 作品
「印象、日の出」 (期間限定特別出品) は 今展の目玉作品と
なっています。 ポスターなどで見ても 特別な印象が伝わりにくい
作品だと思いますが 
解説を読み、その背景を知って観た その本物は 
やはり 素晴らしくて 見惚れました


3月19日からは モネの友人でもあった 同じ印象派の ルノワールの
「光紡ぐ肌の ルノワール展」 も 並行して始まります。
印象派を代表する2人の展覧会が 京都市美術館での同時開催と
なるので 平安神宮など 桜の名所も多い 観光シーズンの
岡崎エリアは 大混雑の人混み となりそうです。


   ※ 京都市美術館での展覧会 は
     障害者手帳の提示で 無料で 観賞できます




画像
      東山の民家の路地を抜けて行きます








テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
印象派 モネ展 〜 京都市美術館 心臓弁膜症 2度の心臓手術体験記 〜私の覚え書き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる