心臓弁膜症 2度の心臓手術体験記 〜私の覚え書き

アクセスカウンタ

zoom RSS 感慨の大文字山登山!(1)

<<   作成日時 : 2016/05/27 22:40   >>

トラックバック 0 / コメント 2

2度の心臓手術後初めて、
そして 機械弁装着後初めて、の
念願の 「大文字山登山」 に行ってきた!
2014年9月の再手術前 、
心不全で平地を歩くのさえ苦しかった時のことを思い出すと 
また こんなふうに山登りができて
この素晴らしい眺望を楽 しめるなんて 本当に信じられない!
うそみたいだ!

午前中 用事で出かけ 、一旦 帰宅 してから
リュックと スニーカーで 正午過ぎに家を出発 した。
銀閣寺の門前を左に折れ 登り口 13時30分 登り開始
大文字山登りの4ルートのうち 銀閣寺ルートは
最もポピュラーなルートなので 1人でも まず心配ないし
8年ぶりくらいの大文字山登り
心臓手術後の自分のペースで登りたいので 1人で行った。


登り始めて 一番登りにくい ごつごつ斜面が続く 険しい道で
小学生の遠足の長〜〜い下山の列 とすれ違った。
高学年丸ごとくらいの大人数の子供たちと先生たち。
全員が 「こんにちは!」 と 次々に挨拶 してくれるのが
嬉しいのだけど
こっちは 険しい上りで 息を切らしながら
とぎれなく 「こんにちは〜」 と返答するのが苦しかった 〜〜


やっと 左と右の分岐点 「千人塚」に到着
ここまでの 石ごつごつ山道が かなりきつかった。  
左が一番 ポピュラーなルートなので 無難に こちらから登る。
帰りは 反対側 から下りてこよう。

最後に先の見えない 心臓破りの石段が現れる。
これを登りきれば
「京都五山の送り火」の 「大」 の 中心点に到着するはず。  
200段くらいあったかな? 汗が流れ落ちる。
さすがに 心臓バクバクで息切れするから
無理せず 50段くらい登っては小休止

途中 遠足の下山の長い列に 足止めされたり
心臓をいたわるべく 小休止したり 、写真を撮ったりしながら
マイペースで登ること 40分、
14時10分 に 「大」の字の中心部分の火床に到着!
ウワーッ! 素晴らしい大パノラマだ
三方を山に囲まれた京都市街が一望できる眺望が迎えてくれた


「大」 の字の 一 と 人 の交わる中心点部分 の 火床
画像


ただし 今日は 黄砂かPM2.5か? かなりかすんでいた。
眼下に 東山の連なり、吉田山の森 、その向こうに京都大学
京都御苑の森 、下鴨神社の森 、五山の送り火のひとつ「法」
岡崎の京都市美術館と 平安神宮の朱色の大鳥居
そして 右手には 比叡山が とても近くに見えている。


この時間でよかった〜 
午前中から昼すぎくらいだと この火床あたりは
遠足の子供たちで 大にぎわいだったにちがいない。
やっぱり午前中は人が多いようだが この時間は まばらだった。

眼下に広がる景色を ゆったりと の〜んびり 眺めていると
再手術を受けられて本当によかった〜 と
しみじみとした感慨 と 感謝の思いに包まれた。

画像


まばらな人の中で お話しした ごく地元の ほぼ毎日登るおじさん
自分も弁膜症 だとおっしゃる。 うそ? 元気ですね!〜
(現時点で手術は必要ないが 定期的検査をされている)

さらに ビックリ
そのお仲間の スーパーおじいさん が登ってこられた!
90歳で しかも 3年前に心臓手術で人工弁置換 された らしい。
ゆっくり2時間くらいかけて しょっちゅう登っておられる 地元の常連さん!
術後の心臓リハビリとしては あまりにハードすぎでは?
ドクターのOKが あるみたい。
体操されてる姿 も口調も とても90歳に見えないよッ
世の中には すごい人がいるもんだ!と びっくりした。


外国人も 何人か出会ったが 単独や2人連れ 、
韓国や中国の人は見かけない。 西洋系の人たちばかり。
「こんにちは!」 と声をかけてくれたりする。
最近の京都は 平地の観光地は どこも外国人であふれて
いるが こんな山登りまで楽 しんでいるんだ!と 驚 く。

  
「大」 の字の頂点部分の火床へ登る
画像


山の頂上点 (466メートル)までは ここから更に険しい山道を
20分ほどかかる。 今回は 無理をせず登らない。

14時10分から 1時間以上も 山の空気と眺めと
そして 特別な感慨 と ・・・
たっぷり満喫 して 15時30分 下山開始

帰りは 「大」の字の 「ノ」 の部分から下った。
次回は 眺めの良いこちらから登りたい。
画像



画像

毎年 8月16日の夜に行われる 京の夏の風物詩
「京都五山の送り火」 の一番目、 東山如意ヶ嶽 「大文字」
今日登ったあの火床に組み上げられた木に火が入り
幻想的 な炎の文字が 夜空に浮かびあがる


下り道 は (2)へ続く

※ 「京都五山の送り火」 の記事
  ブログテーマ 「京都から 〜今日」の中
  「京都五山の送り火」  2013年8月16日
 




















テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
大文字山登山、お疲れ様でした。

独身の時、山科に住んでいたことがあり、毘沙門堂の横から大文字山に登り、銀閣寺に下りた記憶があります。
大文字の火床は私の記憶と異なるのですが、40年も昔の記憶なので当てにならないですね。

行ってみたくなりました。
豆パパ
2016/05/31 09:30
豆パパさん こんばんは。
なぜか最近 登りたくて登りたくて
ウズウズしてた大文字登山
達成できて最高でした!
弁膜症が発覚する前の8年ぶりくらいの
大文字で、機械弁置換後の心臓に大いに
自信を感じ 感慨深いものがありました。
8年前は蹴上から登りました。毘沙門堂
コースも蹴上コースも 山頂から火床に
下りますね。
豆パパさん 大文字山 40年ぶりに
ぜひ登って下さい! おすすめです!
何十年かぶり、とのことでしたら
まずは体力試しとして 銀閣寺コース
がいいのでは、と思います。
カワセミ
2016/05/31 20:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
感慨の大文字山登山!(1) 心臓弁膜症 2度の心臓手術体験記 〜私の覚え書き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる