心臓弁膜症 2度の心臓手術体験記 〜私の覚え書き

アクセスカウンタ

zoom RSS 大護摩供 火渡り修行  一言寺の夏祭り

<<   作成日時 : 2016/08/18 01:20   >>

トラックバック 0 / コメント 0

昨夜は 大豪雨の中を 「大文字の送り火」を見に出かけ
ずぶ濡れで帰ってきました。
そして今夜は 一言寺の 「大護摩供 火渡り修行」 を
地元でありながら初めて見に行ってきました。
7月に読経会などを記事にした あのお寺です。
真言宗 醍醐派 別格本山金剛王院 一言寺
ふだんは 訪れる人もほとんどなく
ひっそりとした静寂にひたれる 一言寺 ですが
8月17日だけは、 特に夜は 狭い参道に50〜60店もの
夜店が立ち並び ものすごい人出です。

夜店の大混雑を やっと通り抜けて 急坂の上
夜、本堂前の護摩供所で行われる 当日最大の行事
「ひとこと観音 柴灯大護摩供 火渡り修行」 が圧巻!

画像

山伏修行装束のお坊さんたちが 読経や儀式の後
大護摩に火を付けると 高く大きく燃え上がります。
時間が経って 少し下火になってから
大護摩の火の中を素足で渡られます。
 
画像


画像


さらに下火になると真ん中に道を作り 安全を確保 してから
一般の希望者の人も 火渡りをさせていただけます。
この地域の夏の一大イベントなのに 今年初めて知りました。

画像

老若男女 誰でも、子供も可 ですが 条件は「素足で渡ること」
赤ちゃんを抱いたお母さんや ペット犬を抱いて渡る人も。
幼児 なら 山伏さんが 付き添って渡って下さるし
希望者全員が渡り終えるまで 続けられます。
市井の一般人に対しての小さな仏教修行の入門編として
これは素晴らしい「行」 だと思います。

画像
ご住職に 「ハイッ!」 と お加持 をいただいてから渡ります


私も トライしたくてたまらなかったのですが
今 足指先に少しキズがあり バンドエイドを貼っているので
土と泥の地面で ばい菌が入ったりすると 心臓への感染が
怖いので 今回は 断念しました ・・・ 
来年は やってみたいものです。


7月に この一言寺の読経会体験
「素晴らしき 読経の世界」 という記事を書きました。

高く燃え上がる護摩供の熱 い炎のそばで
終始 読経を唱えながらの 火渡り修行
今夜も やっぱり素晴らしかったです!!

こういう行事を 目の前で感 じると
「無心になる」 修行という行 に尊敬の念を抱きます。
大きな悩みと、大きな不安と、大きな心配と、大きな煩悩、で
心がつらく不安定で、 毎日 苦悶 している私なので ・・・

延々とお経を諳んじること自体 修業の賜物でありましょうが
仏教の世界に身を置く僧侶の方々は
日々 心も身体も修行されてるんだろうな、と思えました。

もしも また人間に生まれ変われるならば 私も
「無心」 を求める修行の世界に入ってみたいものです。















テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大護摩供 火渡り修行  一言寺の夏祭り 心臓弁膜症 2度の心臓手術体験記 〜私の覚え書き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる