心臓弁膜症 2度の心臓手術体験記 〜私の覚え書き

アクセスカウンタ

zoom RSS 心臓破りの坂の上 〜 大乗寺の酔芙蓉

<<   作成日時 : 2016/09/08 21:01   >>

トラックバック 0 / コメント 6

朝 咲いた時は 純白で 時間が経つにつれ 少しずつ
ほろ酔い色に変化して行き 夜には 濃紅色に染まってしぼむ
はかない一日花 酔芙蓉 (すいふよう)
その咲きざまに 心魅かれる花です。

画像
 


見頃には まだまだ早過ぎる、とはわかっていたけれど
今日の仕事帰りに訪れたのは 法華宗 大乗寺 (だいじょうじ)
私だけで 誰もいませんでした。
午後3時半頃のこの時間は すでに 白色の花はなく
どの花も こんな かわいらしい ピンク色になっていました。
もっと遅い時間になると 濃紅色に染まるのでしょう。

大乗寺は 近年 酔芙蓉の寺 として知られている
小さな小さな素朴な素朴なお寺です。
最寄駅から徒歩15分、と遠く しかもわかりにくい場所にあり
何年か前 初めて行った時は 途中で もう諦めようかと思うほど
迷って迷って たどり着きました。

道中は 途中から きつい急坂になり 息を切 らしながら
休まず登りきって やっと入口に到着した時には
心臓 が飛び出 しそう! バクバク しました!
大丈夫か? 私の心臓  今日は とても きつかった!
まもなく 再手術後 2年を迎える機械弁が 頑張ってくれています。

しかし! 目の前に さらに!
お寺の この石段が現れ 、まさに 登山です
            
画像



帰り道は らくらくの下り坂 から 山科盆地 の町並みが望めます。
写真中央あたり  
ちょうど JRの貨物列車が ゆっくりと走り抜けて行きました。
画像



とにもかくにも ・・・
このお寺で 酔芙蓉 を楽 しむためには
長〜〜い 心臓破りの急坂と石段 を踏破 しなければなりません。

まだまだ 咲きはじめで
こちらの 酔芙蓉の見頃は 9月末から 10月初め頃 だと思います。
9月中旬 から 10月中旬 まで 酔芙蓉まつり で
この急坂と石段を登ってきて 訪れる人が多くなります。


画像

見頃の時期 は こんなに 艶やかな 酔い姿に













テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
 お久しぶりです。体調はその後、いかがですか?
まだまだ残暑厳しい毎日ですが、朝晩は少し楽になってきましたね。
 私の方は、8日で手術1周年を迎えました。術後少し変化があるたびにカワセミさんの前ブログを読み返してこういう時期なんだと落ち着くことが出来ました。
 術後、薬の影響が出やすくなって、今まで平気だった痛み止めでさえ肝臓や腎臓の数値に影響し都度一喜一憂したり、両方の肩の痛みにうなったりしながらも、もとのあわただしい毎日を過ごせるようになってきました。家族皆が健康でいられることに幸せを感じています。このことが、手術をして一番の変化だと思っています。わかっているつもりでも平穏に過ごせることは当たり前ではない、と感謝ができる幸せです。
いつもきれいなお寺やお花、かわいい猫ちゃんや川べりの生き物たちのお写真、楽しみに見ています。
長々とすみませんでした。
puni
2016/09/09 17:17
puniさん こんばんは。
昨年9月の手術から1年経ちましたね。
1周年の記念日 おめでとうございます。
1年目という日は やはり特別に感慨深い気持ちに
なるでしょう?
手術後6日目の puniさんから コメントを
いただいた時 私も嬉しかったです。
私は まもなく 9月16日に2周年を
迎えます。

術後は回復の経過も飲む薬も そして薬の効き方も
患者ひとりひとりそれぞれ違うものだから
1年くらいは 薬を調整したり、些細な症状が
気になったり、検査数値に一喜一憂したり
そんな日々ですね。
心臓手術を経験したほとんどの人は 平凡に暮らせることの幸せと感謝に気づくんだと思います。

私は5月に念願の大文字山に1人で登ってきました。昨日の大乗寺の急坂も トレーニングのように
登りました。
再手術前、心不全だった時の私には 想像もできなかったことです。
頑張ってくれてる機械弁と心臓と執刀医に感謝です。
心臓は元気なので 近場のお寺めぐりなど
見たい所を あちこちよく歩いてますが
心臓の他には 今 つらいこと山の如し、です。








カワセミ
2016/09/10 01:00
カワセミ様、こんばんは。
お返事のコメントありがとうございます。
山のようなつらいこと・・・その文言に心が痛みます。それが何か、お訊ねすることも、どう言葉かけしていいかもわかりませんが、少しでも辛いことが少なくなりますようにと祈っています。
私ごとですが、5月に17年ほぼ片時も離れずに過ごしていた愛犬が旅立ちました。ペットという枠を超えた分身のような子でしたので、自分自身がこわれそうでこわくなり、主治医にお訊ねしたところ、やはり悲しみのストレスはたこつぼ心筋症などになりやすくこわいよ!と言われました。
全く次元の違うことで申し訳ありません。でももちろんご存じだとは思いつつ、心臓にとってストレスが怖いということをお伝えしたくて。どうか、少しでも心が安らぐことがありますように。
puni
2016/09/10 18:34
puniさん
ご心配いただき ありがとうございます。
分身のようだったペットを見送られたとのこと
自分が壊れそうなほど おつらかったことと
お察しします。

ストレスや心配事は心臓によくないとは
昔から言われてたことですが 近年は更に
科学的にも関連性が証明されてきてますね。

今のところ 私の心臓は 何の自覚症状もなく
元気ですよ。
先週 地元医の定期診察で 前回の採血の
結果ももらいましたが ワーファリンINRも最適値、
心臓以外の腎臓、肝臓、血液 などの項目すべて
基準値内でした。血圧、心音も OKでした。

よく記事にもしていますが 
最近 心安らぐのは お寺参りと読経です。
年寄りくさいかもしれませんが
仏教の教え いいですよ。心に響きます。
般若心経を勉強、練習しています。
「無心」になれる気がします。
カワセミ
2016/09/11 01:01
こんにちは。

酔芙蓉私も好きです。白から薄紅色への変化はとても神秘的です。それにしても、すごく急な階段!!まさに心臓破りですね。それを躊躇なく登れるのは本当に有難いことだと思います
私も通勤途中に坂がありまして、行きはよいよい、帰りがこわい!!自転車のギアを変えてもしんどい(笑)
しんどくても、乗って登れる体調に感謝しています。
いよいよ、2周年ですね。感慨深いものがありますよね。
私もその日は1年8カ月の経過観察日です。
アスピリンを減らしての血液検査の結果がどうなることやら。。

あややか
2016/09/12 17:47
あややかさん こんばんは。
まずCooちゃんのこと辛かったですね。
お気持ち お察しします。

つい今 UPしたばかりですが 私は
今日は念願の醍醐山登山を果たして
きました。
2年前の9月12日は 再手術のため
入院した日でした。慢性心不全だった
あの頃を思うと 
今また こんなふうに山登りができる
ことに 本当に感謝、感謝、感謝です。
ここ数カ月 ワーファリンのことを
考える心の余裕をなくしていますが
逆にそれがいいのか INRはずっと安定
しています。 なんだか不思議?
なので ワーファリンは ず〜っと
1.75mgで継続中です。
私にはこの量が最適のようです。
アスピリン減薬になったのですか?
あややかさんも 順調そうで何よりです。
次回 良い結果が出て 少しでも薬が
減らせたらいいですよね?
カワセミ
2016/09/12 19:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
心臓破りの坂の上 〜 大乗寺の酔芙蓉 心臓弁膜症 2度の心臓手術体験記 〜私の覚え書き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる