心臓弁膜症 2度の心臓手術体験記 〜私の覚え書き

アクセスカウンタ

zoom RSS 紅葉の一言寺で 月いちの読経会

<<   作成日時 : 2016/11/20 02:24   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今日は 月いちの一言寺の読経会・護摩供に参加させて
いただきました。 7月に初めて参加 してから 5回目になります。
山門をくぐると 真紅の紅葉と 黄葉 したイチョウの大木と
地面一面が見事な黄色に埋め尽くされた景色が
目に飛び込んできました。
古い歴史を感じさせる 地味な山寺の晩秋の佇まいには
有名観光寺院では 決 して味わえない深いものがあります。

画像


地元にありながら 一言寺を初めて訪れたのは 今年の梅雨頃
だったので 紅葉の時期は 今日が初めてでした。

今日の一般参加者は 先月より少なめでした。
「般若心経」 の最後の部分だけは
いつでも どこでも暗唱できるようになりましたが
5回目になっても 私の読経は 声も息も続かず
まったく上達 していません。
導師のご住職や山伏さんたちが朗々と唱えられるのは
やはり 長年の修行の賜物でありましょう。

信心あるなしにかかわらず
ただ その場に座っているだけでもよいわけですから
来るもの拒まず、去る者追わず、の心で
そんなふうに誰でも受け入れていただけるのは
仏さまのありがたさを感 じます。

画像
火焚き護摩供は この地蔵堂内にて

画像
お堂の前には 古い木造の びんずる さん(なで仏)
が祀られています


歌の文句じゃないけれど 
「生きて行くのって辛いな」 と思う状態 が 長期間 続く時
現実の問題を信仰 が解決してくださるわけでは決してないけれど
このような機会に参加すると 心が救われる気 がします。
それを求めて 毎月参加させていただくのかもしれません。


8月に 「大護摩供 火渡り修行」 行事があり 記事にもしましたが
季節の移ろいは 本当に早く  あっという間に来月12月 になると
「終い観音 護摩供 中風封じ」 のお粥 がふるまわれる行事が
行われ 夏同様 大勢の人がお参りされるようです。





テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
紅葉の一言寺で 月いちの読経会 心臓弁膜症 2度の心臓手術体験記 〜私の覚え書き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる