心臓弁膜症 2度の心臓手術体験記 〜私の覚え書き

アクセスカウンタ

zoom RSS 心臓再手術後 はじめて 風邪ひきました・・・

<<   作成日時 : 2016/11/28 20:39   >>

トラックバック 0 / コメント 0

心臓再手術後初めて 風邪 ひいています ・・・
手術後 この2年間 風邪 ひかずに来たのが
ちょっと自慢 だったのに〜
帰宅後のうがい、手洗いは ちゃんとしているのに
寒い日が続 いたり ストレスなどで 免疫力が落ちている
のかもしれません。 やっぱり 免疫力って大切 ですね。
ちょうどタイミングよく(?) 今日は もともと
月いちの 地元かかりつけ医のクリニックの予約日だったので
受診して来ました。

5日ほど前から のどのイガイガ と 軽い痛みがあったので
ずっと市販の漢方 葛根湯を飲んでいたのですが ・・・
熱は 平熱ですが 昨夜は のどの痛みが強くなり
軽い咳が出始めてきました。
私の場合 咳になると 長引いてヤバイんです

待合室で待ってる間に あらあら、声まで かすれてきましたよ。
心臓再手術の後遺症の「咽頭の半回神経麻痺」 で
術後1か月あまり 声が出なくなった時みたいに。

今季は 例年より早く すでにインフルエンザの流行期に
突入したと報じられていますね。
今日のクリニックでも 予防接種に来院 した人が目立ちました。
私は 10月31日に さっさと予防接種を済ませているし
熱もなく 症状的にも 普通の風邪 との診断で
「医療用葛根湯」 が処方されました。
ここ数日飲んでいた市販の葛根湯 は 1包 1.5g
医療用葛根湯 は1包 2.5g  1g 多いだけなんですけど?
ワーファリンを飲んでいなければ
先生も 別の西洋薬を出されたかもしれませんが。


そして 風邪ひき だというのに・・・ 
クリニックを出てから 30分余り歩いて 
先日 UPした 「毘沙門堂」まで行った後 (見頃はすぎていました)
また てくてく 駅まで戻り さらに 電車を乗り継いで
市中の七条 まで 「養源院」の紅葉はどうかな? と
出かけてしまいました。 ・・・ 無謀やなあ。

 ●養源院 は
   豊臣秀吉の側室 淀殿が 父 浅井長政の追善のため
   秀吉に願って建立した寺で
   浅井長政の院号「養源院」 を 寺号 としている。
   その後 火災で焼失した後 
   2代将軍 徳川秀忠の正室 お江(淀殿の妹)の願により
   秀忠が再建 したのが 現在の本堂

 養源院 の本堂は 小ぢんまりしていますが
 豊臣・徳川両家由緒の歴史的な見所が濃く 遺されています。


養源院は混雑もなく 散り紅葉  がきれいでした。
そのすぐ隣 が 千体の観音様が立ち並ぶ圧倒的迫力 の
「蓮華王院 三十三間堂」ですが
クリニック帰りなのに歩きすぎて疲れてきたので入らず。
「疲れたぁ 〜 帰ろ 〜」
帰り道 買い物して 調剤薬局に行って 帰宅 したら
どっと疲れました 〜


先日 献血の記事をUPしたばかりですが その関連として。
三十三間堂の真横 に 大きな建物の
「日本赤十字社 京都府支部 血液センター」 があります。
京都府内の拠点らしく 写真に収まらないほど おびただしい数の
赤色灯を装備 した関係車両 などが並んでいました。
輸血用血液搬送車 は 緊急時は ここから サイレンを鳴らして
発進して行くのでしょう。
これまで いつも すっと通り過ぎていましたが
今日は それらの車両に関心ありあり、で
ちらちらと眺めながら 通ってきました。
立ち止まって あんまり 興味津々に見たら 不審者みたいやし ・・・

画像

せっかくなので 写真をパチリ!
私の横で 三十三間堂を撮影している人は いますが
この 赤十字支部 の写真を撮ってる人なんて
私以外 誰も いませんでした。 そりゃ まあ ・・・ 当然ですね。


 
画像
養源院の紅葉  も すでに終盤です
 
 ※ 養源院 以前 記事にしています。
    「京都から〜 今日」 の中
   2013年3月24日 (最初の手術後 1年4か月)
     養源院 〜 浅井母娘・三姉妹の歴史をとどめる寺

   





テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
心臓再手術後 はじめて 風邪ひきました・・・ 心臓弁膜症 2度の心臓手術体験記 〜私の覚え書き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる