心臓弁膜症 2度の心臓手術体験記 〜私の覚え書き

アクセスカウンタ

zoom RSS あの美しい映像の石橋へ 〜 下鴨神社 糺の森

<<   作成日時 : 2016/12/05 22:11   >>

トラックバック 0 / コメント 0

平安京を守護する京都最古の神社 世界遺産 下鴨神社
その境内に広がる太古の自然を残す 「糺の森(ただすのもり)」
東京ドーム3個分の広さやという。
縄文時代から生き続けているという 広大な原生林は
賀茂川、高野川に ほど近く 四季を通して美しいこの森の中を
ず〜っと前から 歩きたいと思 いながら
訪れたのは 実は 今日が初めてやった。
例年 この森では 京都では最も遅く 12月が紅葉の見ごろとなる。
今日は 紅葉が ちょうど見頃になってて美しかった



昼前に かかりつけクリニックに入り 終わったら 12時半やった。
医者帰りやのに 今日も懲りへん私 
あったかい天気やし、 ちょっと遠いけど ・・・
「そうや、糺の森 行こう。」
てくてく歩いて → 地下鉄 → 京阪 → てくてく歩いて 到着

実は どうしても行きたかった理由は
11月20日に記事にした 「美しすぎる映像に魅了される!」 で
紹介した 「糺の森の中の あの石橋 」 を この目で見たかった!

広大な 糺の森 の中で あの橋が いったいどこにあるのかを
この前 調べても わからへんままやったけど
今日初めて訪れたにしては ほとんど苦労せず見つけられた!

画像
 
あった! ここや! 季節は違うけど
二人が会う あの美しいシーンは ここで撮影されたんやな〜 

画像
情景が あまりにも美しかった このシーンの
この場所に来てみたかった!

画像
今は 紅葉が こんなに あざやか!
朱、橙、緑 の 色の重なりが美しい




画像
その石橋の上から




画像
森の中の一角で 京都市埋蔵文化財研究所による
発掘調査が行われていた。
太古の森の地中から いったいどんなものが出てくるんやろ? 
すごいロマン、やなぁ。


画像
結婚式御一行様の あでやかな姿に遭遇



帰りに 高野川 (もうちょっと下流域から 鴨川 となる)沿いを
散策する時間的+体力的 余裕 を残 しておきたかったんで
下鴨神社のお社には入らへんままで 森の中を ひき返した。

「源氏物語 須磨の巻」 の中に
光源氏が詠んだ一首が あるとか ・・・ 

   〜 憂き世をば 今ぞ別るる 
       とどまらぬ 名をば 糺の神にまかせて 〜



帰路は 散りイチョウが美しい 一面 黄金色の御蔭通り  
高野川を渡る御蔭橋 の上からは
京都五山の送り火 の山が 正面に見えている。
東に 私の大好きな 「大文字」   北には 「法」の字

川べりの遊歩道 を歩いて駅に向かう。
水辺には 今日も カモの群れや サギたちが いっぱいいて
彼らが ゆったりと そこにいるだけで 癒 しをもらえる。
私も 彼らのように シンプルに 生きられたら ええのになあ〜


















 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あの美しい映像の石橋へ 〜 下鴨神社 糺の森 心臓弁膜症 2度の心臓手術体験記 〜私の覚え書き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる