心臓弁膜症 2度の心臓手術体験記 〜私の覚え書き

アクセスカウンタ

zoom RSS 新京極 から寺町 〜 商店街の中のお寺巡り

<<   作成日時 : 2017/01/11 02:17   >>

トラックバック 0 / コメント 0

お江戸日本橋 から始まる東海道五十三次の終点
京の三条大橋 から上流の眺め   
鴨川の冬の風物詩 白い 「ユリカモメ」 (渡り鳥)が
見たかったのですが 姿が見えず ちょっと残念 ・・・

画像


画像

三条大橋 と 「東海道中膝栗毛」 の 弥次さん喜多さんの像


三条大橋から歩いて 10分もかからず 新京極商店街
「新京極」といえば 昔から修学旅行生のメッカですが
最近はどうなのでしょうか?
賑々しい所が苦手な私は 近年は ほぼ来ないので
よくわかりません。(若い頃は よく来ましたが)
現在も多くの若者が行き交う古くからの商店街 の中に
古い由緒のお寺や史跡がいくつもありますが
今日は お参りしたいお寺 2か寺を訪ねました。
どちらも初めて、です。


● 誓願寺 (浄土宗 西山深草派総本山) 
画像

ここは 六種類の霊場札所 でもあり 立派な本堂に
巨大な阿弥陀如来さまが まばゆく鎮座されていました。
そして 脇壇には 一言観音菩薩さまが祀られています。
古来から 一言で 願いを叶えて下さるとの信仰があります。

このお寺には多くの由緒があるようですが そのひとつ
平安時代の有名な女人 清少納言と 和泉式部 は
この誓願寺で極楽往生された、のだそうです。



● 蛸薬師堂 浄瑠璃山永福寺 (西山浄土宗)
画像

「蛸薬師さん」と呼ばれて親しまれている庶民的 なお寺
がん封じ、種々の病気平癒や厄難消除に霊験あらたかとして
信仰を集めています。 蛸を象った木彫りの 「なで薬師」を
なでて祈願 してきました。



この後 植物園へ向かうべく 地下鉄駅まで歩く途中の
寺町商店街の中に ● 矢田地蔵尊 があります。

画像

ここは これまで何度か来ていますが
ほっこりできる温もりのある 庶民的 な小さなお寺です。

商店街の中 今風な店、昔からの店が連なる軒先の横に
同化 して存在する これらのお寺は 地域に すっぽりと溶け込み
気軽にぶらりと立ち寄れる 庶民的な信仰の場 なのですね。

やはり 京都は 「歩いてこそ 楽しめる町 」 だなぁ、
と思います。
矢田寺のすぐ近くには 織田信長ゆかりの 「本能寺」 があります。


さて  これから行くのは ちょっと きついかな? と迷いましたが
どうしても見たい珍しい花があるので
この後 やっぱり 京都府立植物園に向かいました。
次の記事で 珍しい花 UPします。



※ 「矢田寺」 は 以前 2度 記事にしています。
  ブログテーマ 「京都から〜 今日」の中
   2016年3月26日
   2013年8月22日













 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新京極 から寺町 〜 商店街の中のお寺巡り 心臓弁膜症 2度の心臓手術体験記 〜私の覚え書き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる