心臓弁膜症 2度の心臓手術体験記 〜私の覚え書き

アクセスカウンタ

zoom RSS 「五大力さん」 〜 醍醐寺

<<   作成日時 : 2017/02/24 16:59   >>

トラックバック 0 / コメント 2

毎年 2月23日に 盛大に営まれる
「五大力尊仁王会 (ごだいりきそんにんのうえ)」  
弘法大師の孫弟子 理源大師 聖宝 (醍醐寺の開祖)の遺訓による
もので 始まりは 1100年以上前 に遡る、とされています。
「五大力さん」 とは
五つの明王の化身 五大力菩薩の力を授かるための行事で
醍醐寺の年中行事のなかで最大規模 とのことです。


当日前 7日間にわたり 全国から参集 した醍醐派の僧侶ら
延べ1000余名が 前行法要を行って祈りを込めた
23日当日のみ授与されるお札 「御影」を求めて
朝から多くの参拝者が訪れ 大混雑になるようです。

人混みの大混雑 が苦痛で 避けたい私
この 「五大力さん」  今回初めて行きました。
昼前に 月いちの かかりつけ内科 で ワーファリン INRの採血
だったので その後そのまま 醍醐寺へ。


「五大力さん」 といえば 一般の人が巨大な大鏡餅を持ち上げる
「餅上げ力奉納」 も 有名なイベントで
これを見に行く人も多いです。 テレビカメラも来ています。
女性は 90Kg 、男性は 150kg の紅白の大鏡餅を持ち上げ
その持続時間を競 います。
画像

後でわかったのですが 男性の部は この若者が優勝されました


画像


画像



画像
法要厳修  国宝 金堂


画像
柴燈大護摩供  不動堂前


画像

国宝五重塔前の広場では お茶の接待や
京都の名産品 、お土産類を販売 するテントが並ぶ



画像

参道には 屋台が立ち並び その中の1軒で
懐かしい故郷の味に出会いました。
琵琶湖の漁師さんの店の えび豆 と 小鮎の飴炊き
私にとっては 小さい頃から口になじんだ あの味
祖母がよく炊いてくれた あの味
なつかしくて やっぱり美味しかった〜 


今日からは また 醍醐寺の境内は
この時期 らしい静けさ に戻っている と思 います。
















テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
2月24日に僧帽弁腱策再構築2本、並びに弁輪もつけていただき、この世へ再び帰ってきました。まだ、右胸腔内のドレンは抜けませんし、痛みもあります。作り変えた腱策が一生懸命働いているのが実感されます。今回は本当に突然の出来事でしたので、まだ夢を見ているようです。メールを1本、勇気を出して渡邊剛先生に送り、心臓をリフォームしていただきまた。この、あまり大きくもない心臓を大切にしていきたいと思います。
けんりん
2017/02/27 10:06
けんりんさん
手術を無事に終えられたこと
おめでとうございます!
手術から3日目で こんなに早くコメントを
入れていただき 私も嬉しいです
再生された心臓を とても愛おしく感じられる
のではないでしょうか?
勇気を出してメールをされて良かったですね。
私の場合も同じ思いでした。
今後は リハビリの予定が組まれていると
思いますが 術後の心臓を大切に
ご自分のペースで快復されますように。
これからは 手術後仲間として
またお話しできますね。


カワセミ
2017/02/27 20:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
「五大力さん」 〜 醍醐寺 心臓弁膜症 2度の心臓手術体験記 〜私の覚え書き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる