心臓弁膜症 2度の心臓手術体験記 〜私の覚え書き

アクセスカウンタ

zoom RSS 醍醐寺の桜 爛漫の美

<<   作成日時 : 2017/04/07 22:16   >>

トラックバック 0 / コメント 0

小雨降る 今日の醍醐寺  
境内一面 どこもかしこも 爛漫の桜色に染まっています
大混雑する人混みの喧騒を嫌って
市中の桜名所処には まったく行かない私も
醍醐 の桜 だけは 特別 で
毎春 その美しさに どうしても 会いに行きたくなります。


三宝院の大枝垂れ桜

画像

「太閤 枝垂れ桜」 樹齢150年 ともいわれる 巨大な老木
日本画家 奥村土牛の作品 「醍醐」 のモデルとなった木で
「土牛の桜」 とも呼ばれる



 霊宝館の桜

画像
樹齢 約100年の ソメイヨシノの大樹
京都市内では 最古のソメイヨシノ だそう


画像
樹齢180年といわれる 大木の大枝垂れ桜


画像
霊宝館の土塀の向こうに 三宝院の 国宝 唐門 が見える



画像
大紅枝垂れ桜 「醍醐深雪桜」 と 小雨に煙る醍醐山


画像



画像



                 


画像

                              
醍醐寺の広大な境内一面
どこに行っても美しい桜景色に足を止め
こころゆくまで堪能 しようと思えば
桜 だけで何時間 も かかります。

思い立って 午後3時前に家を出たので
三宝院 と 霊宝館 で 爛漫の桜に うっとりしていて時間が経ち
五重塔 、金堂 、観音堂などがある 伽藍エリアの桜を楽 しむには
ゆっくりと時間が取れなくなって 伽藍エリアには入らず
今日は 仁王門前の 「桜の馬場」 まで、としました。


 仁王門前の桜

画像


4月9日(日)には 恒例の
豊臣秀吉の 醍醐の花見 を偲ばせる 「豊太閤花見行列 」が
行われ 満開の桜の馬場から 仁王門を越えて
まさに 我が世の春 、太閤殿下一行の華やかな大行列 が通り抜け
金堂前の特設舞台で 雅楽や舞 などが披露されます。


      


 ※ 醍醐寺の有料エリア 3か所は
   障害者手帳の提示で 障害者本人と つきそい1名が
   無料になります。
   心臓人工弁装着の方も 障害者手帳の提示をお忘れなく


















 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
醍醐寺の桜 爛漫の美 心臓弁膜症 2度の心臓手術体験記 〜私の覚え書き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる