心臓弁膜症 2度の心臓手術体験記 〜私の覚え書き

アクセスカウンタ

zoom RSS 歩いて歩いて 天ケ瀬ダムへ

<<   作成日時 : 2017/07/14 21:53   >>

トラックバック 0 / コメント 2

天ケ瀬ダム (あまがせダム)は
平等院などの世界遺産がある観光地 宇治 から
宇治川上流へ 約 3kmの至近距離にある。
緑の中の平坦な川沿いの道をまっすぐ歩けば
にぎわう観光地から 40分ほどで到着できる
自然豊かなハイキングコースのダム  
途中 興聖寺の山門あたりを過ぎると
観光客の姿は パッタリと見かけなくなる。


画像

ダムから登った 天ケ瀬森林公園からの絶景!
さっき歩いていたダム堤頂道 が眼下に見下ろせ
こんなに スリムで美しい造形なんだ!と驚く

貯水部のダム湖 は 「鳳凰湖(ほうおうこ)」 と名付けられていて
その上流は 滋賀県瀬田川 へ
さらに 水源の琵琶湖へとつながる。


天ケ瀬ダム データ  (今日もらった ダムカードより)
  ・所在地  京都府宇治市 
  ・河川名  淀川水系淀川 ( 宇治川 )
  ・形式    ドーム型アーチ式コンクリートダム

  ・ゲート   クレスト ラジアルゲート × 4門
         コンジット 高圧ローラゲート × 3門
         (予備) 高圧キャタピラゲート × 3門

  ・堤高   73メートル
  ・堤頂長  254メートル
  ・総貯水容量  2628万立方メートル
  ・管理者  国土交通省
  ・本体着工 / 完成年  1961年 / 1964年

淀川の治水 ・ 宇治市への上水道供給 ・ 水力発電 を
目的とした 特定多目的ダム

 

天ケ瀬ダムへ行くのは いつ以来かな?と
記憶をたどると もう20年以上も昔のことになる。 
その頃は 横に 小さなドライブイン(昭和チックな呼び方) と
駐車場があり、路線バスも走っていたが
現在は ダムの一般見学者用の駐車場も バス路線も ない。
見学は 昔から無料 だが 今は 見学時間と受付所が設置され
受付所で 住所氏名を記帳 しなければならない。


宇治 恵心院までは ぶらり、と 何度も来ているのだが
その延長で ぶらり、と ダムまで足を延ばすには
私には 距離がありすぎる。

昔 、放流していた時に来たことがあり
水しぶきのかかる下の道から、ゲートを見下ろす堤頂道から、
大迫力の様子を間近で見ることができた。
ダイナミックなその放流を また見たい!と 最近 思っていた。

放流は不定期なので いつあるのか予想できないが
京阪宇治駅前の宇治橋 たもとに
ダム放流情報の電光掲示板がある。
残念ながら 今日は放流はなく 川の水量も少なかった。


10:15  観光地 宇治橋をスタート 宇治川右岸を上流へ
画像



10:40  木造りの 天ケ瀬吊り橋 を渡る
画像


画像



10:45  白虹橋   こちらは現代的でモダンなデザイン
画像



白虹橋の上から 天ケ瀬ダムの放流ゲートが 真正面に見える!
画像

放流時の迫力を この場所から見たいな!


現在 この橋から上流 関西電力 天ケ瀬発電所あたりまで
大規模な 「天ケ瀬ダム再開発事業」による工事中で
   (完成は 4年後の平成33年予定)
ここから ダム本体へ通じる登り坂があるはずの道には
工事関係のプレハブが 建ち並んでいた。 
ええっ! ここまで来て 通行止めなのか? 
聞くと 特別設置の歩行者用通路があった!
それがわかりにくくて このあたりで ウロウロし 時間を取られた。


プレハブ建物横に設置された細長い通路を抜けて
春には桜が美しい 長い カーブの登り坂を行く。
旧志津川発電所の遺構 が 下に見える
画像


11:15  ダムに到着
画像


受付所で 住所氏名を記入し 「ダムカード」 をゲット
現地に来ないと手に入らないダムカードは
ダムマニアの人には人気なんだとか。


長さ254メートルある堤頂道路の中央  
高さ73メートル 放流ゲート真上の位置 から 来た道を見下ろす
画像
奥に 白虹橋 、 右下に 旧志津川発電所の遺構、
左下に 関西電力 天ケ瀬発電所の建物 が見えている


画像
アーチの曲線と ゲートのブルーが とても美しい!


放流時のゲートの説明パネル
画像



堤頂道を端まで歩き そこから 山に続く 険しい石段を
登りきると 天ケ瀬森林公園に入る
11:40  見晴らし台からの絶景を楽しむ
画像
         
 上から見ると
  へぇ〜! こんなすごいところを 今 歩いてきたんだな!


12:25  
ダムを後にして また右岸の道を 下流に戻る。
帰り道は ちょっと足が疲れてきたのでゆっくり歩く。

13:20頃
宇治の観光地 朝霧橋まで戻ってきた。
近くの恵心院では そろそろ ノウゼンカズラの花が
美しい時期だから 寄ろうかと思ったが
カメラのバッテリーが切れたので 今日は やめることにした。
川岸の木陰で 30分ほど腰かけて
宇治川の水音を聞きながら 足の疲れを癒 してから
茶だんご屋さんで抹茶ソフトクリームを食べて 帰宅 した。

 
ダムまでの往復 は 宇治川沿いの木立の中 (東海自然歩道)
だけど 最高気温 33℃  今日の万歩計 19800歩余り 
猛暑の中 私としては よく歩いた〜
















  


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
天ケ瀬ダムの受付はどこにあるんでしょうか?
2度来ていますが工事車両の出入りが多く、どこから入るのか分からず引き返しています

昨日から宇治の野犬ニュースで宇治が全国に報道されていますね
昨年白川の入り口で野犬が2匹で小鹿を襲っているのを見ました
この時見た野犬は茶色の犬でニュースのシェパードとは違います

山歩きも注意しないといけませんね
せきあ
2017/07/18 09:03
せきあさん
右岸を歩いて 放流ゲートが真正面に
見える白虹橋を左岸へ渡ると
そこからダムへ続くはずの登り道路には
工事関係のプレハブ群が並んでいて
えっ?通行止めか!と焦りましたが
プレハブ群の右側横にダムへ行ける
細い歩行路が設置されていました。
わかりやすい案内表示がほしいなあ。
その仮通路を抜け 昔からの桜並木の
登りカーブを登りきると左手に
国交省管理事務所がありますが
そこへは入らず ちょっと先が
「ダム見学者入口」でそこを入ると
右手に小さな受付所ボックスがあります。
(橋から10分くらい)

恐ろしい野犬の件
ダムに行った14日はまだ知らなかった私。
宇治白川だと知ったのは
昨日17日のニュースでした。
知らないことは強いことで・・・今は怖いです。
実は今日も恵心院まで行ってきました。
ノウゼンカズラが見たかったのと
昨日は京都南部も大津も集中豪雨だったので
今日放流があれば白虹橋から見たいな、と。
野犬のことを思うと反対側の右岸でも怖くて
タクシーで行こうかな?とか。
宇治橋たもとの電光掲示板を見ると
放流情報はなく
恵心院のノウゼンカズラも
連日続く集中豪雨に打たれたせいか
すでに散り終わっていました。




カワセミ
2017/07/18 20:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
歩いて歩いて 天ケ瀬ダムへ  心臓弁膜症 2度の心臓手術体験記 〜私の覚え書き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる