心臓弁膜症 2度の心臓手術体験記 〜私の覚え書き

アクセスカウンタ

zoom RSS 医師とのつきあい方(1)                   同じ立場 同じ思い の人がいました!

<<   作成日時 : 2017/07/21 00:59   >>

トラックバック 0 / コメント 0

一瞬 私のことを書かれているのか?! と驚 いた!
数日前に見た 心臓病関係のサイトで
1人の方が書かれていた内容が あまりに 私と そっくりだったから。  
私より数年前に 同じ 僧帽弁機械弁置換術 を受けられたようで
機械弁持ちの身の宿命である ワーファリンコントロールの
INR数値の心配と 医師とのつきあい方の悩みがつづられていて
その心理 、揺れる気持ち、も 同 じだった。



●その方が書かれていた状況を要約すると

主治医が2人いる → 心臓執刀医と 地元内科医
執刀医の受診は 半年に1回
地元の内科医の元で 毎月1回
ワーファリンコントロールの採血と 薬の処方を受けている。
今年に入り ワーファリンの効き具合 INR数値が
1台後半と低く推移していて 7月初めの INR=1.6台だった。
ワーファリンの効きが悪いのでは?と患者本人は とても不安だが
内科医は 「ワーファリンは増量せず このままで 」 と おっしゃる。
患者から 強く 増量を求めると 快く思われない雰囲気があり
言えない。
執刀医であれば このように低い数値であれば
即 対応して 増量してもらえる。

月1回の 開業内科クリニックでは 採血した検体の分析は
外部機関に出されるので 結果は受診した日には出ない。
その結果を確認 した内科医が 異常値だと判断した場合のみ
患者に電話連絡が来るので 連絡がなければ
患者は その採血時のINR数値を知らされるのは 翌月の受診日
つまり 1か月後 ということになる。

月1回 内科医で 採血と診察を受けているものの
このように INR数値が ずっと 1台で低く推移 していることが
とても不安になっている。
しかし 内科医の対応に不満があるからと すぐ執刀医の元に
駆けつけるのは チクるようで 気がひけるし ・・・ 悩んでいる。



私と あまりにもそっくり同じような状況と 不安と
揺れる思い が述べられていた。
この悩みは 私も このブログでも 何度か
やや遠慮がちな言葉にしてきたし 今も続いている。
私自身も 今年3月以降 INR= 1台 (1.8 とか)と
低く推移 しているので 不安に思う気持ちが続 いている。



6か月ごとの心臓執刀医 と 月1回の地元内科医
機械弁置換後の、そして 現在の私にとって
2人の主治医は どちらも不可欠で 頼るべき存在だ。

前にも言葉にしたと思うが 
私の、2人の主治医は タイプが 全然ちがう。
執刀医は どんなことでも 質問 も相談もしやすい雰囲気で
こちらの思いとか希望 も伝えやすい。
それに対 して 先生からは 細かいアドバイスがもらえるので
参考になることが とても多い。
もちろん 今日は何だか厳しい雰囲気だな、という日もあるが
執刀医のこの患者目線の姿勢は ずっと一貫されていて
多くの患者からの信頼 が厚い。

一方、術後の退院時 その執刀医から紹介されて以来
もう2年10か月 お世話になっている 開業クリニックの内科医は
もの静かで言葉少なく 必要なことしか話されないタイプ
いろいろ質問するのにも  とても気を遣う。
しかし こちらも 開業前は総合病院で心臓内科部長を
務められてきたベテラン内科医なので
長年通院 している患者さんが多い。

6か月ごとに執刀医からの検査結果 & お手紙 を渡すが
私から 「○○先生の意見は ○○でした」 と 強調 したい時 も
控えめに控えめに、と気を遣いながら言う。
2人の主治医の判断が異なる時 患者本人の私は気が疲れる。
もちろん どちらの先生も お互いを尊重されているのが
よく感じ取れるが 自分の考えは はっきり述べられる。


外科医と内科医  同じく 臨床に携わりながらも
心臓外科医は 瞬時の判断を求められる場面が多いからか
数値の変化に 即 対応する傾向
循環器内科医は 緊急でない場合 数値の推移への対応は
慎重な傾向

職務の性格上 考え方や方針の相違 は当然かもしれないし
もともと 1個人としての性格 も それぞれ違う。

その間に立って 患者の私自身は
時に 板挟み的 な思いをすることもあり
医師との向き合い方は  なかなか難 し い、と痛感する。


ところで  今日7月20日は
その月1回の 地元内科医受診に行って来たばかり!
先月 6月20日の INR数値結果 などについて、の記事は
後日 に 続きます。












 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
医師とのつきあい方(1)                   同じ立場 同じ思い の人がいました! 心臓弁膜症 2度の心臓手術体験記 〜私の覚え書き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる