心臓弁膜症 2度の心臓手術体験記 〜私の覚え書き

アクセスカウンタ

zoom RSS ワーファリンを 微量増量

<<   作成日時 : 2017/07/22 01:09   >>

トラックバック 0 / コメント 6

昨日の続きではあるが
今日書くことは 私自身の状況である。   
7月20日 月1回のかかりつけ内科医受診   
ワーファリンコントロールの採血と 1か月分の薬の処方   
1か月遅れで結果を聞く 先月6月20日採血の
ワーファリンINR値が気になっていた。
3月以降 目標値より低く推移 しているので
ワーファリンがあまり効 いていないのでは? と 不安になる。

2月以降 の INR値 (目標値は 2.0〜2.5)

    2月23日  2.26 (2月までは良い効き具合)
    3月23日  1.82
    4月20日  1.83  
    4月25日  2.03
           この日は 半年に1度の執刀医受診
           執刀医からも
            「もうちょっと 効かせたいなあ」 という言葉が

    5月23日  2.09
            内科医に 先月の執刀医の言葉を伝え
            ワーファリンを少し増量する必要はないか?
            と相談したが
            「今の量でいいでしょう」 との返事
          執刀医なら きっと すぐ微増量されていたはずだ。
            やはり 内科医は 慎重なのか・・・?


 開業クリニックなので 採血 した検体は 外部機関に出され
 クリニックに結果が報告されるのは翌日になる。
 その結果を確認 した先生が
   ワーファリン服用量の増減調整が必要と判断された場合のみ
  先生から連絡が来ることになっているが
  今回も電話がなかったので まあまあ安心の数値かな、と
  思っていた。
 つまり 電話がなければ 私自身は 次回 1か月遅れで
 その結果を知ることになる。
 この点には かなりの ジレンマ 、歯がゆさ を感 じてはいる。

  そして
  昨日7月20日の受診で 先生から聞いた先月のINR値は?!
        6月20日の INR= 1.71 低すぎる!
 
  
  思わず  「えーっ! 先生 1.71 って怖くないですか?!
         ワーファリンが あまり効 いてません!」 と
         叫んでいた。
 
  続けて  「3月以降 こんな低い数値が続 いていて不安だし
         猛暑だから 脱水気味になったら 血栓が怖 いし
         ワーファリンを少し増量しなくていいですかっ?!」
        と 強めの語調で 先生に 自分の希望を伝えた。


  結果 昨日分から ワーファリンが 0.25mg 増量されて
       2mg/1日 となった。 ( これまで 1.75mg )  



2年9か月の間 毎月1回通っていると
医師も患者も 多少はお互いの性格や考え方も
なんとなくわかってくる。
月1回の受診だから 自分の体調で気がかりなことは
とっつきにくい先生であっても
気を遣いながらも その時 自分から伝えておく。
先生の反応が どうであれ ・・・
   

「酷暑炎熱の毎日 暑さのせいか
最近 夕方になると 身体がだるかったり
ふくらはぎの軽いしびれ感 とか ジワ〜ッと痛かったり とか
これって 脱水気味なのか? 
そして ワーファリンが あまり効 いてないからじゃないか?」

「山歩きが好きだけど 夏は 心臓には脱水が怖 くて」 と
話したら 先生には珍しく 診療以外の会話に興味を示されて
先生も 山歩きが好きなのか
醍醐山登りやお堂巡りの話で しばし会話が弾んだ。
こんなことは 初めてだったので ビックリした!



ワーファリンを 微量増量したので 来月の採血では
INRが 2.3〜2.5くらい(目標値は 2〜2.5)まで
上がってくれることを願いたい。










テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
カワセミさん

初めましてまあさんと申します。
さきほど人工僧房弁 登山と検索してカワセミさんのブログを見つけました。
一回目の退院まで一気に読ませていただきました。
僧房弁閉鎖不全の方のブログではカムバックハートさんのブログが有名ですが、カワセミさんもとても詳しく勉強されてブログをお書きになっていると感心いたしました。
実は私も7月20日に東京のニューハートワタナベ国際病院で、僧房弁置換の手術を受けたばかりですので
ワーファリンとの付き合い方など参考にさせていただきたいと思います。
なお、私もつたないながらブログ書いておりますのでもしよろしければのぞいてみてください。
アメーバブログのまあさんのブログで検索いただければ見つかると思います。
カワセミさんの残りのブログもこけからゆっくり拝見いたします。
これからもよろしくお願いいたします。
失礼いたしました。
まあさん
2017/07/24 17:12
まあさんさん はじめまして。
コメントありがとうございます。
渡辺剛先生の病院で手術を受けられた
のですね? まだ術後4日とのことですが
順調に回復されているご様子 何よりです!
MICSでの手術は 身体への負担が少なく
やはり回復が早いと思います。
今は安堵感と そして生まれ変わった
「ニューハート」の心臓への高揚感に
包まれていらっしゃるのでは?と
想像しています。
期せずして 私は形成術と機械弁置換術と
両方経験しましたが 機械弁後は 正直
やはりいろいろ大変なことがあります。
でも 低山ながら山登りも楽しめるように
なったことは感動! 機械弁のおかげです。

カムバックハートさんは 2度お会いした
ことがあります。心臓手術経験者仲間の
集まりは 初対面でもすぐわかりあえる
心地よさがありますよ。

ニューハートの心臓と対話しながら
焦らず リハビリに励んで下さいね。
まあさんさんのブログ 訪問させて
いただきますね。機械弁のお仲間として
これから情報交換できたら嬉しいです。




カワセミ
2017/07/25 01:11
カワセミさん

ご丁寧なご返信をいただきありがとうございました。
私の場合、機能性僧帽弁閉鎖不全ということで
弁そのものより心臓の壁に問題がある状態でした。
当初は形成術でできるとの診立てだったのですが
前日の執刀医からの説明の際に、かなり厄介な状況であり、一度は形成できたとしても、壁が変形すると逆流再発の可能性がある。そのリスクを避けるためには人工弁への置換があるが生涯ワーファリンを飲む必要がある。どうしますかということだったのです。仙台からわさわざ東京の病院に入院したのは絶対micsで手術してほしかったためであり、一度は形成できたとしてもその数年後に正中開胸が必要となり(カワセミさんの状況のように書いてしまいお気を悪くされないでください)、その時には本体もさらにダメージを受けているであろうことを想定すると機械弁の選択に迷いはありませんでした。
手術時に心筋生検も受けており、いまその病理検査待ちですが、本体の方も今後何らかの治療が必要となるであろう覚悟はしているところです。
幸いなことに術後の経過は順調で、術創の痛みもロキソニンだけでコントロールできているのでその点は助かっています。
人工弁のちこちこ音は不思議な感じがしますね。笑
病気の前は東北地方の山をトレッキングするのが趣味で月山、鳥海山、栗駒山、早池峰山、秋田駒ヶ岳など季節の高山植物を楽しみに登っていました。体力が戻れば無理のない範囲で再開したいものと考えていますがどうなることでしょうか。
それでは今後もどうぞよろしくお願いします。
まあさん
2017/07/25 06:29
まあさんさん
MICSのメリットのひとつに 万が一
再手術で開胸が必要になった時
再手術のリスクである「癒着はがし」
を回避できる点があると思います。
その時その時 自分で考え抜いて選択
した決断で前に進んで行けるのが
一番ですね。
今、聞こえる人工弁の音 とても
愛おしく感じるのではないですか?
これからずっと一緒に生きて行く
新しい「相棒」ですから。

山歩きはいいですね!
また山に登る日を楽しみにしな
がら 今は焦らずに 術後の回復と
心筋の治療に務められますように。
カワセミ
2017/07/25 07:53
カワセミさんお久しぶりです。
今月の22日で形成手術4年が過ぎました。
早いものですね。
私も心臓血管外科と循環器内科を毎月受診し、年一回執刀医である東京のニューハートワタナベを受診しています。
外科と内科、確かに薬の処方等違っていたり…
また先生方の性格なども違うので、患者側は気を使いますね。
先生との関係をうまく保っていたいですしね。
カワセミさんやブログの方の気持ちがすごくわかります。
私の方は狭心症らしき発作の次は無呼吸症候群。
精密検査の結果、シーパップの保険適応にはならず経過観察。
慢性心不全では無呼吸症候群をかなりの確率で合併するらしいです。
夜中息苦しくて何度も目が覚めます。
次から次と新しい病気が出てくるものですね。
でも毎月受診しているので早く対処していただけるので感謝です。
暑い日が続きますがご自愛下さい。
まみ
2017/07/26 13:11
まみさん おひさしぶりです。
昨日からパソコンの具合が悪くて
お返事が遅くなりました。
形成術後 もう4年経過されたのですね。
この間 まみさんは いろいろ不調が出て
心身とも辛い思いをされてきて
折々のコメントでは
共通する思いもありましたね。
まみさんにとっても毎月の受診は大切で
心強いことでもありますね。
体調と相談しながら 自分の楽しみたいこと
やりましょう!
私も 連日の酷暑は 身体にはもちろん
精神的にも本当にきつい日々です。
まみさんも どうか自愛下さいね。








カワセミ
2017/07/27 14:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
ワーファリンを 微量増量 心臓弁膜症 2度の心臓手術体験記 〜私の覚え書き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる