心臓弁膜症 2度の心臓手術体験記 〜私の覚え書き

アクセスカウンタ

zoom RSS かすかな初秋の気配  〜 帰郷

<<   作成日時 : 2017/08/14 22:54   >>

トラックバック 0 / コメント 4

黄金色に色づいた極早生の稲 が 穂を垂れている
のどかな農道を走り抜けて 実家に日帰り帰省 しました。
故郷を離れて 40年余りの時が経ち、
どの家でも 人は すっかり 代が移っていますが
山も川 も 山寺や古い社 も 見下ろす琵琶湖 も
昔と変わらぬ自然の風景は多く残っていて
いつまでも そうあってほしい 美 しい故郷 です。


画像



画像



画像






画像




極早生の田んぼでは 黄金色に色づいた稲穂が垂れ
お盆が過ぎれば もう 稲刈りが始まりそうなようす

暑い陽射 しの中にも  
吹き抜ける風には 確かな秋の気配 がありました。




 



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
大山の下にひょっこりひょうたん島のような小島が浮かぶ琵琶湖を切り取った風景
まっすぐ伸びる木々の間から見える田んぼ

田舎の風景をきれいにまとめ表現されていますね

お盆に入り風が気持ちよくなりましたが来週からはまた真夏日に戻る予報です
せきあ
2017/08/15 08:04
せきあさん
子供の頃からこの畑地からの眺めが
大好きで親しんできました。今 この
辺りは 野ザルが生息しています。
実家の2階からもこの景色が見られます。
山は伊吹山(新幹線から見えるあの山)
島は竹生島(ちくぶじま)です。
まっすぐ伸びる杉木立からの眺めは
真言宗酒波寺(さなみじ)の長い石段
から。酒波寺は 近江西国三十三所霊場
第8番の古刹の山寺、行基桜と呼ばれる
エドヒガン桜で有名ですが
普段は訪れる人は まずいなくて
とても静かです。本堂からさらに
山を登ると権現社と愛宕社があります。
寺を出てすぐ横には 古代からの逸話に
出てくる古社 日置神社もあります。
せきあさんにぜひ歩いて
いただきたい地域ですが 駅からの
アクセスが不便な所ではあります。

カワセミ
2017/08/15 17:50
形の良い伊吹山の下に浮かぶ札所がある竹生島だったんですね
古刹の酒波寺、古社の日置神社とも非常に気になりますね
近々で行ってみようと思っている滋賀の場所は
白髭神社と金勝アルプスなので今津辺りも調べて散策ポイントに追加しようと思いました
せきあ
2017/08/16 08:04
せきあさん
竹生島も白髭神社も 何十年も昔に
行ったきりです。
酒波寺も日置神社も 故郷を離れて
40年も経た今になって その
古い由緒に気づいたとは・・・
また 山本周五郎の短編集の1編で
酒波の里 、酒波寺が出てきます。
家康、三成の時代の武士の話です。
今頃になって 故郷の奥深い歴史に
強い興味が湧きあがってきました。

カワセミ
2017/08/17 00:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
かすかな初秋の気配  〜 帰郷 心臓弁膜症 2度の心臓手術体験記 〜私の覚え書き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる