糖質制限ダイエットで体重ダウン! (2)

2012年3月8日に 心臓外科医 米田正始先生のHPで知った
「糖質制限ダイエット」 なるものは 文字通り 糖質を制限するダイエット
なので、 炭水化物 いわゆる主食の ごはん、麺類、パン、洋菓子類
などの菓子を食べない、または減らすというものだった。
そのかわり 炭水化物を食べない時は 肉や脂肪はしっかり食べてよい、
ここが 従来のカロリー計算主体のダイエット法との違いのようだ。


この1年近くの間に大ブームになっていて 関連本も多く出ているが
その頃の私は 米田先生のHPで初めて知った。

心臓手術によって せっかく心臓が良くなっても 肥満、メタボの状態が
続くと 糖尿病や高血圧になったり 更には狭心症や腎臓病などにも
つながっていく懸念があるので 中性脂肪や悪玉コレステロールを
増やさない(減らす) 努力は大切な事のようだ。

私は これまでも現在も 幸いメタボではないし
中性脂肪やコレステロール値も正常なのだが 当時は
なんとか体重を退院時の50キロまで減らしたい一念で
「糖質制限ダイエット」 に挑戦する決意をした !

米田先生は患者さんに薦める前に まずご自分で何ヶ月か試されて
その結果 これは良いということで 患者さんにも薦められているという
ことだった。 米田先生が 具体的にどのような食生活をされたのかは
書かれていなかったが 先生自ら体験の上で薦められているのだから
これは確かだろうと なぜか確信のような期待感があった。


●2012年3月9日 糖質制限ダイエットを始めた
開始時の体重は 53キロ台。 徒歩通勤 片道15分。
とりあえず 「ご飯、麺類、パンを食べない」
「食べる順番は野菜から食べる」 この2つだけを決意してスタートした。
朝は バナナ1本と固形のバランスシリアルかヨーグルト。
昼は従業員食堂の定食なので ご飯を抜いて 代わりに 小バナナ1本。
小腹がすいたら パン、洋菓子ではなく ナッツ類やチーズを。
夜は おかずだけを食べる。肉も脂肪も気にしないが野菜から食べる。

●2012年3月~4月  徒歩通勤 + 週2日のウォーキング
体重は ほとんど変化せず 53キロ台の毎日だったが ごく たまに
52キロ台の日が出て来た。 スタートして1か月以上が経ち
ご飯も麺類もケーキも大好きな私なので
いつもの自分なら 「もー やーめた・・・」 となるところだが
今回は不思議とそうならなかった???
昼食の従業員食堂の定食メニューが麺類や丼物の日は
家からおかずを持参して食べた。

●2012年5月~6月  徒歩通勤 + ウォーキング
53キロ台前半が続き、52キロ台の日がかなり増えてきた!
効果が目に見えてきたので 「まちがっていない!」 とやる気になる!

●2012年7月  スタートして4カ月経過
52キロ台の日が22日間もあった。
少しずつだが 確実に効果が出ていると実感した。
今回はよく続いているなあ、と自分をほめたくなった
猛暑だったが 炭酸飲料やジュースは飲まず ペットボトルの水を飲む。

●2012年8月  暑さに耐えかね 7月から自転車通勤
52キロ台前半が続き 下旬になると いよいよ51キロ台に突入した
こうなってくると とても嬉しい!

●2012年9月  スタートして6カ月経過
ほぼ51キロ台で推移し、月末には 目標の50キロ台になってきた。
6カ月でたった3キロダウンだから 激しい減量ではなく 徐々に体重が
減ってきた感じだが それだから続けられてきたかも・・・

●2012年10月
順調に50キロ台の日々が続き 49キロ台の日が5日あった!
50キロを切ったことは 未知の領域のようで 一味違う感動だった

●2012年11月以降 ~ 現在 2013年2月
50キロ台をキープしているが たまに 51キロに乗る日もある。
同僚達からも 「やせた」 とか 「顔のラインがスッキリしてる」 とか
言われたし、防寒に スラックスの下にタイツも
じゅうぶん履くことができる。
手術前は 同じスラックスで タイツどころか 生脚だけでも
太ももが ピチピチパンパンの時もあったのに。

スタートしてから まもなく1年、現在は50キロ台前半キープを目標に
51キロを超えないよう注意している毎日。

私の場合は まったく自己流に始めたゆるめ
糖質制限ダイエット。
それでも 糖質制限ダイエットは 私には効果があったと言えると思う。
  ( ご飯・麺類・パン類・ケーキなどの洋菓子・アイスクリームは
   食べない、炭酸飲料や甘いジュースは飲まない、が鉄則 )

最近は 昼食のみ 従業員食堂の定食では 軽~くご飯を食べることに
したが、ラーメン定食や丼物の日は避けたり、
必ず野菜から食べる事は毎日守っている。

他の人に効果的かどうかは まったくわからないし
持病があったり、血液検査などで異常がある人には注意が必要で
必ず 事前に ドクターに相談するべきだと思う。



























この記事へのコメント