ただ今、ホルター心電図検査の真っ最中!

今月から経過観察の診療を受けることになった
開業医T先生のもとで、今日正午過ぎに
ホルター心電計を胸に装着してきたので、 今、このリアルタイムは
明日の正午過ぎまで 文字通り24時間心電図検査の真っ最中!

2011年4月にも1度経験しているホルター心電図検査は
24時間心電計を身体に装着して 不整脈の出現頻度や その種類、
どんな時に どのように出現するかなどを検査して解析する。
睡眠中の心電図も計測されるし、自分では自覚症状がない時に
出ている不整脈も感知されるので
不整脈が疑われる患者には 必須の検査だ。
開発者の ホルター博士の名前が付けられているのだそうだ。

動悸や息切れ、胸痛、めまいなどの自覚症状を感じた時は
ボタンを押し、行動記録カードに記入していく。
起床、トイレ、食事、服薬、歩行、乗物、仕事、作業、階段昇降、
飲酒、運動 など 細かく行動を記録しなければならないのが
ちょっと面倒だ。

不便といえば もう1点 「装着中は 入浴やシャワーはできません」
の はずだったが
今回、T先生は 「入浴も OK 」 と言われたので驚いた!
  ( 私はこわがりなので 今日は入浴は控えるつもり )

今回の機器は以前のものより かなり小さくコンパクトな形を
していて インナーの中に ごく自然に収まっている。
これなら 言わなければ人にもわからない。

でも もし 何も言わずに いきなり胸を見せたら
カラフルな電極が5個と 細いコード線がぐるぐると
にぎやかに張り付いていて
おまけに その下を赤い手術創が縦に走っているという
さぞかし びっくり されるにちがいない見た目だ(@_@;)

今回は 自分でも あまり装着していることを感じないくらいなので
今が検査中であることを ウッカリ忘れて
記録することを忘れてしまうくらいだ・・・ アブナイアブナイ

前回の機器は もっと大きくて、装着中 ずーっと うっとうしさを感じていた。
医療機器の進歩もめざましいんだ、と また今回も実感させられる。

そして、昨年までかかっていた地域中核病院の循環器科では
昨年5月以降は 血液検査も実施されなかったので
今日は血液検査もしてもらうことにした。 結果は1週間後。
興味のある BNP値も調べてもらえる。

今 午後5時過ぎ、 今日も ホントに とても寒く冷たい1日だ・・・

自分では 「今日も やっぱり 期外収縮が出ているな」 と感じているが
心房細動は出現しないようにお願い!」 という 今の心境 ・・・


                  








この記事へのコメント