6カ月ぶりの定期診察  K医療センター循環器科

6カ月ぶりに K医療センター 循環器科の定期診察へ。

昨年5月、術後6カ月で S病院心臓血管外科を
めでたく卒業後は 昨年12月まで 地元のこの病院で
毎月の診察を受けていたが
今年からは こちらのα先生から紹介されて
現在は開業医T先生に経過観察と薬の処方を受けている。

地域の病診連携システムにより 6カ月に1度は
このK医療センターで診察を受けることになっていた。

今日は 心電図とレントゲンの検査の後 診察 だった。

今年に入り 時々、特に ここ最近は わりと頻繁に
期外収縮 が出ているし 肩こりもひどいし 疲れやすいし
( おまけに 今 ひょっとしたら 右肋骨に ヒビが入ってるかも?
この話は また次回に )

で、全体的には体調があまり良くないので
今日の診察で何と言われるか ちょっと不安だった ・・・

ちょっと長めの5分くらいの心電図検査の結果は
やはり 期外収縮 が1発 出ていた が あとは正常だった。

循環器科科長で 特に不整脈が専門のα先生に
「 最近出ている期外収縮は 全く問題ないよ。
薬も不要。 僕でも 期外収縮は時々出てますよ。
心房細動は 術後は一度も出ていない。
  手術 (メイズ) で治ったようやね 」

と 明るく言われて 気持ちがとてもスッキリした! 

α先生は
いつも はっきりとした口調で
患者に言い聞かせるように話される。
私の性格も   「わかってるよ 」 とのことで
安心させてもらえる話し方だ。
薬の処方は できるだけシンプルに、という考え方で
これは 私の考え方とも 一致している。


期外収縮は問題ない、とのことではあるが
ただ 「強いストレスは 期外収縮の原因には なる」
とのことだった・・・  
ストレスと心臓の関係を 最近 身をもって実感中 ・・・

ストレスと心臓の関係を調べるのは興味深いかも、と思う。


レントゲンも 1年前のと並べて見せてもらい
全く問題なし、ということで

こちらでは 薬は処方されないが
現在 服用している メインテート錠 2.5mg 1日1錠のみ、の
現状維持でいいそうだ。

更に 「問題ないので 次回の受診は 1年後でよい」 と
言われて 来年6月の予約票をいただいた。 早っ!

今の自分の全体の体調とは別に (全体的には体調は イマイチ)
心臓自体は特に問題なく経過しているとわかり
今日のα先生の診察は ちょっと嬉しかった


ところが! 今日は 診察中にハプニングが

診察室が4つ、 4診まであり それぞれ診察中だった。
私もその1室で α先生の診察中
ドアの外が 急に ドタドタ!バタバタ! と騒々しくなり
何か異変を感じた! えっ何事?! どうしたの? (@_@;)

異変に気づき、 循環器科科長のα先生は
「ちょっと ここで待ってて!」 と言われて
私を残し 急いで出て行かれた!

患者さんが誰か倒れられたようだった!

ドクター達が集まって待合エリアで処置が行われていたようだ。
実際を見ていないが 初めて遭遇した場面だった。
専門医がズラッと揃っているのは心強い!
とても素早い対応だ! って あたりまえか?
こういう時は 素直に
「ドクターって やっぱりすごい!」 と 尊敬してしまう!


循環器系の患者さんは やはり高齢者が多いし
地域中核病院であるこの病院を受診している患者さんは
重症度が高い人が多いようだ 、と思いながら
主のいない 私1人きりの診察室で 10分近く待っていた。

戻って来られたα先生の様子は普通で、 診察の続きをし
三浦雄一郎氏の話や 昨年のその講演会のタイトルの事や
ブログの話など 楽しい雑談も 少しして
今日の診察は 気持ち良く終了した。

ドクターの診察が 気持ち良く終了できると
気持ちが とても明るくなる!
もちろん 反対の時もあるのだが・・・

次回の1年後の診察まで 異変なく 無事に経過し
その間 ここを受診することなく済みますように、
と 思いながら 循環器科を後にした。










この記事へのコメント