肋骨打撲で思い出した 心臓手術後の胸骨の痛み

先日 机の角に右胸上方を ガツンとぶつけ 思わず痛 っ!
しかも その日は朝から 持病 とも言える 咳き込む咳 も
出始めていた。 風邪をひいたわけでもないのだが
10月になっても 30度越えの気温が 何日か続いた後
今度は、急に寒くなったので 過敏な気管支がついて行けず
寒暖差アレルギー のような咳が 急に出て来たのかも??


ぶつけた右胸 は 咳をすると 肋骨に響いて 強烈に痛かった!
心臓手術直後の あの胸骨の痛みのように!
2日間 様子をみていたが 咳をすると とても痛いので
念のため 整形外科を受診した。

実は ・・・
そそっかしい私は ・・・
今年 6月にも 肋骨打撲で受診していた ・・・
この時は 左の肋骨一番下あたり、 お風呂掃除の時に
浴槽に押しつけすぎて ゴリッ!と いやな音がした (@_@;)
結局 この時は痛みが取れるまで たっぷり 1カ月ほどかかった。

肋骨は 折れやすく ひびが入りやすいという。
怖いのは 折れた骨が肺に突き刺さることらしいが
そうなっていなければ バストバンドで固定したり、湿布や痛み止めで
対処して 自然に治る (骨がくっつく) のを待つだけのようだ。

今回も たまたま 6月受診の時と同 じ ドクターだった ・・・
レントゲン撮影の結果 はっきりとした骨折は認められないので
打撲 との診断だが
しばらくは注意して様子を見るように、と言われた。

肋骨を撮影 した レントゲン画像で
肋骨よりも 際立って存在を主張していたのは
心臓手術の際の 胸骨を閉じ合わせたワイヤー だった (@_@;)

画像


整形外科のドクターだから
日々 過激な手術を執刀されて見慣れていらっしゃると思うが
それだからこそ よくわかるのか
「 ワイヤーが くっきり写っていますね。
大変な手術をされたんですね 」 と言って下さった。

この画像 は 快く プリントアウトしていただき もらって来た。

バストバンドが処方されて その場で看護師さんが装着してくれた。
これを付けたら 咳をした時の痛みが
確かに少し やわらぐ気がした。

それにしても ・・・ 今年すでに2度も 肋骨打撲とは!
2度あることは 3度ある、と ならないよう
大切 な 愛 しい心臓を守るためにも 横着せず
もっと注意深く行動 しなければ、と 反省 しきり ・・・

そして 人体は 本当にうまく作られているんだな、と思う。
肋骨は 心臓 、肺をはじめとする いくつかの臓器を守る役割を
果たしているんだ、と あらためて実感 した。

今回、 肋骨打撲と 咳込みが重なったことで
思いがけず
心臓手術直後の あの胸骨の痛みを
再現のように 思い出すことになった。














この記事へのコメント

豆パパ
2013年10月21日 19:57
肋骨打撲は私も経験ありますが、痛いですよね。おだいじに。

それからワイヤーの部分を台所の角に当てたこともありますが、飛び上がるほど痛かったです^^;;;
2013年10月21日 21:59
豆パパさん
ワイヤー部分を角に当てる、なんて
想像するだけで とても痛そう!です
その後 内側は大丈夫だったのですか?
そそっかしいので 特に心臓まわりは
気をつけたいと思います。
ワイヤーが入っているところは 特に
一生 注意しなければ ・・・ですね