恐ろしい数値!  でも 仕事に気持ちが救われる

頭が真っ白になるというのか 、空白 になる、というのか
麻痺している、というのか 生きた心地がしない 1日だった。
大げさかもしれないが 仕事をしていても
頭の中から その事が、その数字 が ずーっ と離れない。
反面 、好きな仕事なので 集中できて
自分の予定通りに進められた達成感 があった1日。
「仕事のおかげで気持ちが救われた」 と思った日だった。

今日は気持ちが かなり複雑なので
こういう日は 本当は記録 したくないけど 
自分自身の覚え書きブログ だから やっぱり書いておこう。



昨日 7月13日(月) は 7月9日(木)に続き INRを調べる
ため クリニックで また採血。 今月になって 3度目

結果 、昨夜は ワーファリンの増減 が必要な場合に入る
先生からのお電話がなかったので
いつもの1.5mg を服用した。

ところが 今朝 出勤前の時間に 先生から お電話 あり!
昨日の採血の INR値は なんと!
衝撃の 1.41 
        
           ×無限大

先日より 更に下がっていた!
ワーファリンが 全然 効 いていない! 血栓が怖い!  

電話口で 今日から 2mgに増量せよ、との指示あり。
昨夜 1.5mg 服用したばかりだが
追加 して 今朝 も 2mg 飲むように、との指示 だった。

1週間前
1.5mgを継続 、 という指示に 私自身は
血栓 が かなり心配で やや疑問を感 じ
「2mgに増量しなくても大丈夫ですか?」 と
患者の私が 大生意気にも
それでも おそるおそる 先生に訴えてみたが
医師という専門家の薬の指示には 当然 逆 らえるはずもない。

でも ・・・
ここに言葉にすることは とても ためらわれるのだが
いやいや 、これも 私自身の記録だと考えて 正直に書くと

不遜にも不遜にも  やっぱり ・・・
お医者さんより 自分の体の感覚の方が ピントが合ってる、
などと 思ったりする。


               


4月以降は 仕事の依頼原稿 は 以前のように
締め切りまで まだ日があるから これは この日にやろう、
との 先送りの予定計画 はせず
できれば その日のうちに、あるいは できる限り早く
こなしてしまうようにしている。

明日は どうなるか?  いつ 急に休むことになるか わからない。
そんなつもりで 仕事をしている。
1人で担当 している仕事なので よけいにそう思う。

自分の体が 明日 いったいどうなるのか?
まったく予測 できない 今の私の これが シビアな現実 。
一歩先 、明日のことは 誰にもわからないのが 人生 。


若かりし頃から 長~く継続 して積み上げてきたこの仕事に
今日は 気持ちを助 けてもらったたなあ、と つくづく思 う。
相棒のような この仕事を 今日も無事にできたことは
本当にありがたいことなんだなあ、と思う。














 

この記事へのコメント