身近で楽しむ 「ふだん着の桜」 (1)

三寒四温 を繰り返しながら 3月も もう半ばを過ぎ
日々の通勤や買い物 などで いつも通っている
地元の道沿 いでも あちこちで 桜 が開花 してきました。
京都には 桜名所の有名観光地 が 数多くあり
国内外から 毎年多くの人々が訪れますが
私は 今年は
よそゆき のように 気合いを入れて見に行かなくてもよい
毎年 目にしている 「ふだん着の桜 」
なぜか とても 心 が向いています。
どうしてなのかなあ? 
なんだか ほっとできる気持ち、ほっこりできる存在のような
地元にある ふだん着の桜 には そんな やすらぎを感 じます。

すでに もう満開になっている 早咲きの桜 から
今は まだまだ固い固いつぼみの遅咲きの桜 まで
毎年 身近で見られる美 しい桜 を この春は 時々
「ふだん着の桜」 シリーズ的 に U P してみようと思います。
 ( 桜は あまりに品種が多すぎて
 正確な名前を知 らない桜 が多いです )



3月19日 (火)

 オカメ桜 ???
ここの2本は もう満開 !
画像


画像


画像



画像
ユキヤナギ (雪柳)



 寒緋桜
画像


画像
満開 ! 濃紅色の花が 下向きに咲きます
付近に数本ある中で 昨年のあの台風で 2本が倒 れ
伐採 されてしまいました



画像
サギやカモ など 多くの野鳥が見られます



一瞬 ギョッ! としたッ!
もう少しで あわや踏むところだったッ !
道端 の草の上で
小さなとぐろを巻いたまま 全く動 かない 小ヘビ に 遭遇!
行く時に見つけ 帰りに通った時は もういないだろうと思っていたら
変わらず 巻いたまま動かずに そこにいた。
死んでるのか?と思ったが 目は開いてる!
冬眠から覚めたけど まだまだ眠 かったのかな?
苦手な方が おられると思うので 画像の UPはやめておきますね~


毎年 思うことですが ・・・
 「標本木が 5輪 開花 したので 桜の開花宣言 です! 」 って
私には あまり 意味を感 じられません。
それぞれ 自分の標本木 ってあると思うし ・・・

それにしても  
桜 たちは 毎年毎年 律儀に 順番をまちがえることなく
開花 していくことに 感心 してしまいます。
私の身近では 今年もまた 順番通りに 咲き始めました。


           











この記事へのコメント

2019年03月20日 07:59
普段着の桜
分かり易い良い表現ですね
寒の戻りで膨らんだ蕾が引き締まり今日の春の気温で一気に開きそうですね
オカメ桜、寒緋桜
季節通りに何年も繰り返す春の光景
ワクワク感が一層増しますが、年度始めとなり、また年を取ると思うと今年の桜も目をパッチリと開け焼き付けていきたいと思います
2019年03月21日 01:02
せきあさん
日本人にとって「桜」は
特別な花に思えるのは
なぜなのでしょうね?
日本人の古来からの精神性とか美意識
とかが桜と重なるからでしょうか?
私にとっては 2度の心臓手術後は
その度に 桜は いっそう特別な花と
なりました。

今年の桜は 平成最後の桜
それぞれの人が それぞれの思いや
楽しみ方で 平成最後となる桜を
愛でられたらいいですね。