ワーファリンコントロールに またまた 苦戦中

4月2日(火)
4か月ぶりの心臓外科 執刀医の定期検査で大阪へ 。
心臓 は 自分では問題 ないと思える状態 なのですが
今回は
ワーファリンの効き具合 PT-INR の数値 が気がかりでした。

地元かかりつけ医のもとでの 月いちの採血で
1月15日 INR = 2.30 (最適値 だ!) 
2月14日 INR = 2.89 (効き過ぎてる!)
3月14日 の数値は 4月9日の診察の際に聞く予定

1月2月は 体調不良の上に、仕事の超多忙さも重なり
精神的にも 強いストレスが ずっと継続 して
胃が痛くて 私には珍しく あまり 食べられないことがあったり
心臓以外の診療科で
初めて服用する薬を飲んだり していました。
(ワーファリンを服用している事は 当然 申告した上での処方)

地元かかりつけ医の3月の診察時に
ひと月遅れで 2月のこの数値を聞いた時は びっくり して
INRの急上昇は 初めて飲んだこの薬の影響 なのでは?
と思いましたが かかりつけの先生の指示 は
「一過性だと思うから ワーファリンの量は 現状維持で 」
  ※私の場合は もうず~っと 2mg /1日
     INR = 2.0 くらいに コントロールできてきました。
  (機械弁置換後で 2 mg/1日 というのは
    かなり少ない量ではないか と思います。
    3~5mg 服用の人が多いのではないでしょうか?)
 

4月2日が 執刀医の定期診察の予約 なので
その検査結果を持って 次回は 4月9日に
地元かかりつけ医へ行く というスケジュールになりました。


そして
今日 4月2日の執刀医診察の結果は 「心臓に問題 なし」
心エコー ・ 心電図 ・ レントゲン ・ 血液検査 とも GOOD!
さてさて
気がかりの INR は どうなのか? やっぱり 高 いのか?
ところが! なんと 今日の INR = 1.86
今度は低すぎる! ワーファリンが効 いていない!
予想外の低い数値 と この上がり下がりの変動の激 しさに
私が びっくり していると
執刀医の見解 と アドバイスは
 「2か月ほど飲んだという初めてのその薬の影響 よりも
  食事の影響 じゃないか と思う。
  2月の INR高値の頃 は 食欲不振で
  あんまり 食べんでいたのが
  3月になってからは 食べ過ぎるほど食欲旺盛になって
  その上 ワーファリンが効き過ぎてる、と考えて
  最近は 野菜をたくさん食べていた、から ではないか?」

 「ワーファリンへの影響 が 一番大きいのは
  やっぱり 食事 」

 「機械弁の人にとって 一番怖いのは 血栓 」

私個人に関 しては 執刀医 は
 INR が 少々高 い( 出血傾向 )よりも
 低 い方 (つまり 血栓 ) を いつも 懸念 されます。
血栓予防を 常に 強調 されます。
それだけ 「血栓は 命取り」 と いうことなのでしょう。

血栓弁になって 先生のもとに搬送されてきた患者さんを
何人も診ておられるだけに 執刀医の言葉 には
豊富な経験に基づく 強 い説得力 があります。

「今日 0.25mg 増やす処方をしても ええんやけど
 ややこしくなるから
 来週 ○○先生とこで 必ずもう1回 採血 してもらうように 」


体調をくずすと
やっぱり ワーファリンの効き具合に 即 影響するんだ 、と
また また また また 実感 させられました ・・・
2月の高すぎる INRを知って驚 き
3月は それを意識 して昆布茶をよく飲んだり
青物野菜を多めに食べていたことは事実で
まさに 執刀医の今日の指摘 どおり、でした。
こういうのを 「素人の無知 」 というのかも しれません。


※ そういえば  2月21日には
   「出血傾向か? 太ももの大あざと 右目結膜下出血 」
    という記事をUPしていました。
    
    あの時 身体は
    ワーファリンが 効き過ぎているよ ~ というサインを
    ちゃんと出 していて
    自分でも 出血傾向かな?とは 感 じていたのに
    結局 は  それを あまり 深く考えていなかった、
   ということです。
   まあ、他のストレスで キャパが いっぱい いっぱいで
   そのことを気にする余裕 がなかった、のですが ・・・

「あの時 こうだった」 という 覚え書きとしての自己記録 は
 こういう時 今後に役立つ、と思います。
  ・・・ いや、役立てねば!


強 い感受性を持ち 切れ味鋭い 不気味な薬 ワーファリン

そのことは しっかり 認識 しているつもりでいながら、
INRの乱高下も 過去に何度か経験 していながら、
そして
生涯 に亘る 命綱 というべき相棒 でありながら、
正体が つかみきれず 姿が見えない相手 に 苦戦 する
何年 たっても ワーファリン との付き合いは 難 し い です。









 
















この記事へのコメント

まあさん
2019年04月05日 07:50
カワセミさん

こんにちは。
ワーファリンの調節にご苦労されているようですね。
私は手術後ずっと5.5mgで2から2弱を保っていてあまり困ったことがないのが幸いです。
父の脳出血があったので私の場合は2.5を超えるようにはなりたくないと考えています。でも、本当に自分でコントロールできるものでもないのでなり行き任せです。
仙台でもまもなく桜が開花します。
あと何回と数えられる歳に近づいてきていることが信じられませんが、現実です。
1月にフルサイズのデジタル一眼レフを買ったので、今年は山にもいっぱい登って写真を撮りたいと考えているこの頃です。
2019年04月05日 17:11
まあさんさん
私の場合は やはり過労や体調不良が
続く時はINRの変動に気をつける
必要があるようです。
通常2mgという少ない服用なので
調整する場合も0.25mg単位という
微量での増減が必要です。
3年ほど前 一度INR3.1の時があって
医師ともどもあわてました。

仙台は数日前は雪が降ったのですか?
今日は 地元の世界遺産 醍醐寺の
満開の桜を満喫してきました
あとでUPしますね。
私は心臓手術後 桜は
いっそう特別な花に思えます。
新しいカメラでの山歩きは
楽しみですね!