身近で楽しむ 「ふだん着の桜」 (8) 散り際も美し

3月初めの おかめ桜や 寒緋桜 から
4月の終わりの 鬱金桜 、八重桜まで
美しい花を 身近で長 く楽しませてくれた「ふだん着の桜」 も
そろそろ 終まい( しまい) の時 を迎えています。
「平成」 から「令和」 へと 時代が移りゆく 特別な春で
あることを 桜自身も感 じたのか どの木も みな 今年は
いっそう長 く 美しく 精一杯 咲いてくれたような気がします。


 八重桜 の 散り姿   4月26日
散って なお この華やかさ!
一面に花ごと落花 している お花畑のような散り景色

画像


画像


画像
スポットライトのように 木漏れ日が当たって

画像
捨てられていたビニール傘も 花傘になっている

画像





 終盤の 鬱金 (ウコン) 桜   4月25日
画像

咲きはじめは うす黄緑 だった花弁は クリーム色へ
そして 終盤の今は 可憐な淡桃色に 色が変化 しています

画像
 


 鬱金桜の散り姿
花 と同様に 散り姿にも 楚々とした趣 を感 じます
画像

この桜 の散り際 は はらはらと 花びらを散らせるのではなく
花ごと ポトリポトリ と 落花 してきます。
地面に落ちる時 、ポトリ ・・・ と 静かな音が聞こえます

画像

散るも また美 し ~ 落下した花景色にも 風情 あり

画像


画像



散りゆく 鬱金桜のすぐそばでは
菖蒲? アイリス?の花が咲いて
初夏へのバトンタッチを告げています。
画像


あっ! 花に止まる アゲハチョウ 発見!

画像
美しい花に 美しい蝶 は 美しい絵になります

画像



「平成」の時代も いよいよ あと4日を残すのみ、となりました。
今年は 終まいの桜 と 時代が移りゆく その時 が重なり合い
特別 な感慨をもって 散りゆく桜を見送っています。
咲き初めから 散り際まで 身近な場所の桜 を UP してきた
「身近で楽 しむ ふだん着の桜 」 シリーズ 今回で終わりです。

来年の春 「令和」の世の桜 は
どんな表情で咲いてくれるのでしょうか?


     



この記事へのコメント

2019年04月29日 08:09
椿のように、ポトリと落ちる桜の花
ソメイヨシノの花吹雪も風情がありますが八重桜、鬱金桜のぼんぼりのような花は豪華な花道となりますね
桜のシリーズ楽しませていただきました
ありがとうございます
2019年04月29日 22:58
せきあさん
今年は花の最中に寒の戻りがあった
せいか 長く桜を楽しめた気がしま
すね。咲きはじめから散り姿まで
じゅうぶんに見届けた感じです。
桜が終わり これからは
みずみずしい新緑が美しい季節ですね。