身近で楽しむ 「ふだん着の桜」 (4) 墨染寺~伏見

世の中に たえて桜の なかりせば
     春の心は のどけからまし
           ~ 在原 業平 ~


「地元で楽 しむ 身近 な桜 シリーズ」 が続き 、恐縮ですが
私の身近でも あちらこちらで満開になり
あの桜 も見に行きたい、あそこの桜の咲き具合は?
と 気持ちが せきたてられます。
昔々に 在原業平が詠んだ この和歌の心模様 は
遠い遠い時代を経た 21世紀に生きている日本人にとっても
変わることがないのだなあ、と感 じます。


4月12日

伏見 墨染寺 (ぼくせんじ)墨染桜 (すみぞめざくら)

平安時代の歌人が
 「 深草の野辺の桜 し 心あらば
      今年ばかりは 墨染に咲け 」 と 詠んだところ
  桜の花が 墨染色に染まった、という伝説がある


この地域の地名や駅名の 「墨染」 は
この墨染の桜 に由来するのだそうです。

画像
桜の名にも その色にも 風情 があります


画像

墨染寺は 伏見の町中にあり 民家や商店などに囲まれた
小さなお寺ですが この 墨染桜 で有名です。

画像
広くない境内には ソメイヨシノの大木が満開
鬱金 (うこん) 桜 が 咲き始めていました。
ソメイヨシノが散り始めるころに 咲き始める桜 です。



伏見の酒蔵 あたり 宇治川派流 の桜景色

画像
満開は やや過ぎていましたが
十石船の観光船が行き交い 風情があります

画像
       花筏 も 美しい



蔵元 黄桜酒造 「キザクラ カッパカントリー」
酒造りの歴史と
メーカーキャラクターである 河童 (かっぱ) に関する資料館 に
ショップ ・ レストランが 併設されています。
お酒 がまったく飲めない私ですが
河童の資料館 などが興味深くて ここは 好きな場所
敷地にある 「黄桜」 は開花 しているかな? と 立ち寄ってみると
やっぱり 咲き始めていました!

画像


画像



                        

        




この記事へのコメント

2019年04月15日 08:08
僕も日曜日は雨が降る前に伏見巡りをしました
貴女の昨年の記事を思い出し黄桜と花いかだを巡りました
雨風にも耐え、今年の桜は長い期間楽しませてくれています
心ウキウキが長く続き楽しいですね
2019年04月15日 19:09
せきあさん
日曜日は予報どおり 昼近くから
雨が降り出しましたが その前に
名残の桜景色と「黄桜」を楽しまれ
たのですね。お酒が全く飲めない私ですが
カッパカントリーは好きな場所なんです。
桜日和の晴天だったら
満開の黄桜の下で美味しい地ビールを
楽しんでいただけたかも ですね。