一言寺の 堀りたてのたけのこ と ヤマモモの花

一言寺の 月いちの読経と護摩供 に参加 してきました。
植物であったり、動物 であったり、と ここには毎月
自然の移ろいを感 じる、私なりの楽 しみがあります。
4月の楽 しみは ヤマモモの花堀りたての たけのこ です。


境内の竹林から堀りたての たけのこ
画像

境内で びっくり超特価!で 無人販売 されているので
近所の方が行かれるようです。
私にも 更に おまけを 2本も 付けて下さいました
今年も 職場の同僚に おすそ分けします。



ヤマモモ (山桃) の花
画像

地味 な花が いっぱい咲きはじめていました!

このヤマモモ (雌木) は 樹齢 400年以上 と伝わる古木で
京都市登録天然記念物 に 指定されています。

ヤマモモの木は 雌雄異株で 隔年結果性 があるそうで
昨年は 裏年 だったのか この古木は
花を付 けなかった ( → 実 も付 けなかった ) のですが
今年は 6~7月頃に
あの 砂糖菓子のような赤い実 を見ることができそうです。
樹齢 400年という古木 (老木) ながら
こんなに花を付けるとは 生命力旺盛 なのですね!


画像

参道石段の八重桜 は そろそろ終盤でしたが
今日は  静かな境内に
澄みきった ウグイスの鳴き声 が 響き渡っていました。 
今年 初めて 耳にしたので 感動!


そして 来月5月には
古池 の木々の枝に モリアオガエルの卵
見られる と思うので 今から 楽 しみにしています。


















この記事へのコメント

2019年04月23日 08:04
ヤマモモの木は隔年で実を付けるんですね
今年は花が咲いたので可憐な実を楽しむ事が出来ますね
旬のタケノコ
食べる前処理がめんどくさいので生を買えませんが、調理して美味しく食べられたんでしょうね
目でも舌でも楽しむ春
良いですね
2019年04月23日 15:03
せきあさん
なんといっても 目の前の竹林で
掘ったばかりのみずみずしい筍は
自然からいただく最高の恵みです。
今年はヤマモモが花を付け始めて
いたので 6月に赤い実を楽しめると
思います。この日は ヤマモモの花・
ウグイスの声・旬の筍 と
目、耳、舌で季節の楽しみを
味わうことができました。
5月にはモリアオガエルの卵が
楽しみですね。