近場の藤・ナンジャモンジャ と 桐の花

初夏の陽気の中 、買い物に出たついでに自転車で
川沿いの道から 醍醐寺 までのルートを
いつものように あちこちで道草しながら楽 しみました。
今日の目的 だったのは
 → 今年も そろそろ見頃かな? 公園の
 → 満開の ナンジャモンジャの木
 → そろそろ咲いているかな? 醍醐寺の 桐 の花


公園の が 今年も あでやかに満開
画像


画像

むせるほどの甘い香りが漂っていて
蜜を求めて たくさんの黒い蜂が飛び回っていました。

画像
かなりの古木ながら 見事すぎる花を咲かせてる

画像


画像


画像



                    

満開になった ナンジャモンジャ ( ヒトツバタゴ ) の木
画像
初夏の陽気の下 ここだけ雪が降り積もっているような景色

画像


画像


画像




                    


醍醐寺の の古木  花はまだ咲きはじめ
画像
茶色いところから開花 してきます

画像


この桐の木を見上げたり、気にする人はいませんが
私にとっては 桐の木とその花は
大変 郷愁を誘われるものです。
故郷 には 山ぎわにも 民家のそばにも
自生する桐の高木が たくさんあり
子供の頃は 落花 した紫色の花でよく遊びました。
独特のほのかな甘い香りさえ 今も覚えています。

画像

他の植物に寄生もされているような かなりの古木ですが
昨年のあの台風にも耐えてくれたのですね。 
この古木に語りかけたくなります。
 「 あなたが 桐の木 だと 私は知っているよ。
  ここに 1本だけ存在 していて 
  毎年 高い枝に 紫の花を咲かせているのも知ってる。
  毎年5月に 楽しみに会いに来ているから長生きしてね 」


画像
桜の賑わいが終わった ふだんの静かな参道

画像
土塀の前に 名も知らない雑草のお花畑

今日は 桐の木がある ほんのここまで入っただけなので
醍醐寺境内の奥の方はよくわかりませんが 
「令和」 改元2日め だったから 三宝院や観音堂あたりは
記念にご朱印を求めて参拝する人が
ふだんより多かったかも しれません。


川沿いでは ニセアカシア (ハリエンジュ)  マメ科
咲きはじめました!
画像

甘い香りを放ち 蜂が蜜を吸っています

画像


























この記事へのコメント

2019年05月05日 07:42
夏に日陰となる公園の藤棚も今の季節は甘い香りを漂わせていますね
ナンジャモンジャの花は不思議な形をしていますね
細長い花が集まりもじゃもじゃとしています
上加茂神社にもあります。神事などで使われる木です
2019年05月05日 23:09
せきあさん
毎年この時期には あそこのあの花を
見に行きたい!そんな自分の花地図
花ポイントってありますよね。
あの川沿いにナンジャモンジャが
6本もあって今 満開、連日の夏日で
白い藤のようなニセアカシアも
見頃になってきました。