小説「和菓子のアン」に ほっこり

坂木 司 著 「和菓子のアン」を読みました。 高校卒業後 進路を決められないままに なんとなく デパ地下の和菓子店で アルバイトとして働き始めた アンちゃんは 大福みたいな ポッチャリ女の子。 お客さんとのふれあいや 個性的な従業員を通して 和菓子に秘められた謎解きや 物語を知り、 和菓子の世界の奥深さに引き込まれ…
コメント:4

続きを読むread more

川ざらえで見た 白川砂 ~ 岡崎疎水で

久しぶりに「光秀饅頭」を買いに行った 東山三条の白川沿い   残念ながら お店は定休日だったので  すぐ横にある 光秀さんの「首塚」にお参りした後  岡崎疎水沿いを歩きました。 閑散としています。 途中で 何か所か、川の中に 薄黒く汚れた残雪の塊のようなものが 大きく積み上げられています。 あれは いった…
コメント:2

続きを読むread more

春を待つ 川沿いの道

雨降りの日  冬枯れ色の川沿いの道  地面に張り付くように 放射状に広がっている ロゼット状の野草たち 冬の環境から身を守るためや 太陽光を 無駄なく浴びるための戦略でしょうか? ロゼットという 姿形の名称は バラの花のイメージから、だそうです。 スイバの 紅葉したロゼットが 枯れた土手の斜面に群生している様子…
コメント:4

続きを読むread more

カワセミとの出会いに ときめいて!

水辺の飛ぶ宝石とも呼ばれる 美しい野鳥 「カワセミ」 漢字で書くと「翡翠」  宝石のヒスイと同じ字ですね。 「翡」は カワセミの雄、「翠」は カワセミの雌、 を指す漢字なのだそうです。 2012年に このブログを始めた時 ハンドルネーム「カワセミ」は この鳥からお借りしました。 ふだんよく通る川沿いでも 運が良いと…
コメント:6

続きを読むread more

寒中に咲く花と 五感で味わう和菓子

私にとっても 多くの日本人にとっても これまでの人生で経験したことのない「医療崩壊」が ついに現実のものとなってきました。 本当に恐ろしいことです。 緊急事態宣言下の 恐々鬱々とした日々が続き 心身共に辛い毎日ですね。 これから先は どうなって行くのか? 大好きな京都府立植物園も 遠いので 1年以上 ガマンしてい…
コメント:3

続きを読むread more