恵心院の 三春滝桜 と 宇治川沿いの 神代曙

一年を通して 何度も訪れる
お気に入りの場所 宇治の恵心院
今週は 1日おきに 3度も訪ねてしまいました。
1週間という短い時間の経過の中でも
植物たちの 花の状態や 数の変化
つぼみから開花への変化が 楽しめました。

恵心院には
日本三大桜のひとつ 福島県の 三春滝桜の
子木があり 満開になっています。
一昨年までは 美しい花を咲かせていた
もう1本の子木は 寿命を迎えたのか
昨年は まったく花をつけることなく
根元から 伐採されてしまいました。
命あるものには 寿命があることを
あらためて 思いました。


● 三春滝桜の子木の 紅しだれ桜

IMG_0927.JPG

IMG_0863.JPG

IMG_0872.JPG手前の花は 黄木蓮(きもくれん)エリザベス


IMG_0860.JPG

IMG_0969.JPG手前の花は 孔雀椿(くじゃくつばき)


恵心院から すぐ近くの 宇治川沿いも 今
桜色に彩られています。
その中で 神代曙(じんだいあけぼの)の若木も 満開!
ソメイヨシノよりも 花弁のピンク色が濃く
より華やかです!


● 神代曙( じんだいあけぼの )

IMG_0833.JPG

IMG_0826.JPG

IMG_0835.JPG

神代曙は
日本の桜の代表的な品種であるソメイヨシノよりも 丈夫で 病気にも強く
ソメイヨシノの寿命の問題などから
今後は この 神代曙が
ソメイヨシノの後継品種として
植え替えが進められていくようです。
何十年か先には 神代曙が ソメイヨシノに
とってかわっているかもしれません。


IMG_0825.JPG

IMG_0829.JPG

3月26日 撮影

次は 心 癒される 恵心院の花々に 続きます


この記事へのコメント