遅咲き桜「関山」と 桜の和菓子

ソメイヨシノは もう 葉桜になりつつあり
近くの川沿いの道などでは
鬱金桜(ウコンザクラ)や、遅咲き品種の
「関山(カンザン)」が 咲き進んできました。


「 関山 」  (4月5日 撮影 )
IMG_1445.JPG

IMG_1458.JPG

まだ4月初旬であることを思えば
遅咲き品種の桜も 今年は やっぱり
かなり早いですね。
花色が 濃桃色で大きな「関山」は 華やかで
この並木は 遠くからも目立ち、川沿いを
彩っています。まだ 満開ではないですが
一気に満開になるのでしょう。


IMG_1473.JPG

IMG_1442.JPG

私は この桜の花姿を見るたびに
和菓子の 「桜餅」を連想してしまいます。
実際に 、「関山」の塩漬けの花や葉は
桜餅の葉、和菓子の一部 として
また 桜茶、桜ごはん などに使われていて
桜の季節の味わいを 楽しませてくれます。
目にも 口にも 美味しい桜 です!


● 桜餅    総本家駿河屋 伏見   
2021 3  桜餅 総本家駿河屋.JPG

● 菓銘 「 桜薯蕷 (さくらじょうよ)」 
            鳴海餅
2021 3  「桜薯蕷」 鳴海餅.JPG

川沿いの道、関山のそばでは
別の八重桜が 満開になっていました。
花が びっしりと 密・密・密 状態の花盛り
 品種名は わかりません。


IMG_1501.JPG

IMG_1495.JPG

近くの緑地では
「鬱金桜(ウコンザクラ)」も 咲き進んで
きました。(4月1日 撮影 ) 
この桜も 今年は やはり 早いです。

IMG_1235.JPG
これから しだいに 淡いピンク色に染まって
いく 花色の変化が 楽しめます。
また、散り際は 花びらが
はらはらと散るのではなく
花ごと ポトリポトリと落花する景色も
風情があり、とても好きな桜 です。


● 桜羊羹    総本家駿河屋 伏見
 ほんのりと 桜の香りがする 季節限定品
 毎年 楽しみにしている 羊羹

2021 3  「桜羊羹」 総本家駿河屋.JPG

今年は 全国的に 桜の開花~満開が
かなり 早かったのは 、やはり
地球温暖化が 加速している証では?
コロナで 社会生活が 一変してしまったように
これからは 日本の四季暦も 年々ずれて
変わっていくのかもしれないと思うと
ひたひたと迫りくる 未知の怖さ、を感じます。

      
  





この記事へのコメント

2021年04月07日 07:54
本当に桜餅を連想させる桜の花ですね
濃いピンクの花と葉が良いバランスですね
今年も春の花の開花が早いです
ハナミズキは満開、藤の花も咲いています
地球温暖化でしょうか?
地球の長い年月から見ると一時の出来事なのかもしれません
コロナもこんな影響で発生したものでしょうか
本当に怖いです
2021年04月07日 17:37
せきあさん
この桜を見るたびに 桜餅のように見えます(笑)
桜餅は 関東では 関西のものとは異なり
クレープのような生地と形 だそうです。
私は UPした写真の 関西の桜餅しか 知らないのですが
関東関西の中間あたりになる せきあさんの地元では
やはり 関西の桜餅とは 異なるのでしょうか?
どちらの桜餅なのか? ぜひ知りたいです。

コロナの第4波 大阪の感染急拡大の数字は 本当に恐怖で
隣接する京都も 急拡大が懸念されますね。
なんといっても 医療崩壊が 怖いです。
2021年04月08日 07:50
岡崎の桜餅はぶつぶつの道明寺
静岡の桜餅はクレープの長命寺と道明寺があります
静岡市内だったので道明寺が多かったです
東の沼津、伊豆に行けば長命寺が多いのかもしれません

こんな事を書いているとむちょうに桜餅が食べたくなりました
2021年04月08日 21:43
せきあさん
桜餅に関しての お返事 ありがとうございました。
ちょうど 中間あたりでは 長命寺 と 道明寺が
両方ある地域もあるのですね。
桜餅から たどる歴史も 興味深くて おもしろいです。

今日の読売新聞に 関東関西の桜餅の記事があり
私にとっては あまりにも タイムリー!で びっくり。
京都にあって 「鼓月」さんの 桜餅は 「関東風 」だと
紹介されていて その理由も 書かれていました。
今度 大手筋か 山科に行った時に
関東風の桜餅を ぜひ 味わってみたいと思います。
2021年04月09日 11:40
おはようございます。
本当に今年の桜は早くて、4月に入って早々にソメイヨシノは終わってしまいましたね。
これからは遅咲きの八重桜などが見ごろになりますね。
緑色の鬱金桜(ウコンザクラ)」が綺麗です。
桜餅が美味しそうです(笑)

本当に年々桜や他の花の開花が早くなり、これから先には日本の四季も無くなってしまい、亜熱帯気候になてしまうのでは?と危惧します。
実際には見ることがないのですが、シベリアの永久凍土やヒマラヤの氷河が温暖化の影響で、大変な状況になっている様です。
地球全体が悲鳴を上げているのではないか?コロナも私たち人間に対する警告の様な気もしますね。

1昨日にまたカワセミさんの故郷の里山にお邪魔し、ビラデスト今津へ行って来ました。
上ではまだソメイヨシノが満開でしたよ。
イワウチワやバイカオウレン、イカリソウなどが見ごろでした。
酒波寺の前の川沿いで、ニリンソウとイチリンソウの群落を見つけました。誰かが植えたものなのか?何ヶ所かに沢山咲いてました。
また後日に紹介しようと思います。
2021年04月09日 15:42
takayanさん  こんにちは。
毎年 桜の咲きはじめから 葉桜になるまでの
移り変わってゆく姿を見るたびに
「諸行無常」を思わずにいられません。
こちらでは今 「関山」並木が 満開ですが
この桜は 散り景色も 華やかです。

「桜餅」とは 昔から食べてきたものが
唯一の桜餅だと思っていましたが
関東と関西では 材料や形が異なることを 初めて知り
今回 その歴史をたどってみて 興味深かったです。

「鬱金桜」は 淡い緑色から
少しずつ 淡いピンク色に染まってきました。
地味な桜なので
そばを通りながらも 見上げる人は ほぼいませんが
花色の移り変わりや 花ごと ポトリポトリと落花する
姿には 風情があり、好みの桜です。

全国的に今年は 異常なほど顕著だった
桜シーズンの 超早期化は
地球温暖化の現象のひとつにちがいない、と思います。
年々 狂暴化する台風や水害と共に
桜の この変化も 地球温暖化の 危険シグナルを
身近で はっきりと目にしたこと、なのかもしれませんね。

酒波の川の ニリンソウや イチリンソウの群落は
おそらく 人の手で植えられたとは思えませんが・・・
takayanさんの 記事を 楽しみにしています。