因幡堂 (平等寺)  歴史を偲ばせる町中の寺

因幡堂 (いなばどう)  正式名 平等寺 (真言宗 智山派) に行ってきました。 京都四条の繁華街から わりと近 い 昔からの京の町中にあり 庶民的な親しみやすい印象のお寺 お寺の飼 い猫ちゃんも いました。 帰ってから調べてみると 歴史を偲ばせる見所が数多く凝縮 されているお寺であることがわかりました。 …
コメント:2

続きを読むread more

迷路のような路地の奥に

京都の町中では あちこちで見かける細長い路地 (ろうじ)    特別な観光地ではない 民家が建ち並ぶ京都の路地は まるで迷路のようで 初めての道では 京都人ではない私は いつも 東西南北さえ わからなくなる。 通りの所々に付けられている その場所を示す地名の札看板は 昔の歴史を あれこれ連想できたり おもしろいものが…
コメント:4

続きを読むread more

続・左手内出血  原因は やはり ワーファリン

左手の甲の紫色の腫れ 自分では ワーファリンのせいだろう と考えましたが 今日で 3日め、少しずつ範囲が広がっているので 一応 近所の外科を受診 してきました。 診断は ぶつけた箇所の皮膚の下の血管が切れたことによる 内出血で やはり ワーファリンの作用で 出血が止まりにくく じわじわと内出血が続 いた、という診断…
コメント:6

続きを読むread more

びっくり!内出血か? & 今夜は皆既月食

昨夜 左手の甲を家具の角で 軽く ぶつけました。 それほど痛いっ! というほどの大きな衝撃でもなく 出血したわけでもなく ・・・ 寝る頃には 2cmほどの ポコッ とした たんこぶに なっていました。 ぶつけてたんこぶができたなんて 何十年も 記憶にありません。 ところが! 今朝起きて ビックリ ! 左手の甲一面が うす…
コメント:2

続きを読むread more

身近にインフルエンザが 蔓延しています・・・

なんやかんやと忙しくて 2週間ぶりの更新となった。 ワーファリンのことで書きたいテーマがあるのだが まだ まとめられていない。 そうこうしているうちに 世間では  記録的な大寒波襲来 、全国的なインフルエンザの大流行、 草津白根山の噴火 、 そして・・・ 京都大学 ips細胞研究所の助教による論文データ ねつ造問題 …
コメント:6

続きを読むread more

今年最初の執刀医定期診察

1月9日 執刀医の「新年外来始め」の日 私の今年最初の執刀医定期検査&診察 だった。 これまで 半年ごと だったが 昨年10月から 心電図上でも 強 い期外収縮 が頻発 していたので 念のため 今回は 3か月後の1月 この日の予約 になっていた。 10月~12月は 心臓の期外収縮 以外にも 自律神経の不調 から …
コメント:4

続きを読むread more

新春の福 ~ パンダ模様の猫 編

手土産を買いに 伏見の酒蔵 と 幕末の史跡が残る 宇治川派流 濠川沿いの遊歩道を散策 しながら歩いて行くと 目的地の目前で あららッ? パンダ発見?! パンダそっくりのものが目に とびこんできた! 猫たちは 人間のように 鏡で自分の後ろ姿を確認することはないから この猫も 自分の背中のユニ…
コメント:0

続きを読むread more

新春の福 ~ 駅員さん編

新しい年 平成 30年を迎え   皆様にとりましても 私にとっても 心も身体も 平和で穏やかな一年となりますよう お祈りいたします。 昭和 30年生まれの私には 平成 30年 という響きが 特別に感 じられる気がします。 新年早々 2つの福 に出会った気分 です。 ひとつは とても ささやかなことで あたたか…
コメント:2

続きを読むread more

心と身体をゆるめたい 氣功太極拳

11月から 氣功太極拳の教室に通い始めた。 ずっと前から興味を持っていたが 一歩が出なかった。 10月から 心と身体の葛藤が長く続いてきたことで とにかく始めてみようと思った。 還暦を過ぎて始める太極拳 本格的に究めよう、とかいうのではなく とにかく ゆるく継続できたらいいな~ そんな思いで。 月2回だから 11月に体…
コメント:4

続きを読むread more

心も身体も葛藤の11月~12月

11月~12月は 心も揺れ動き 身体も さまざまな不調 が 次々と現れる めまぐるしい日々が続 いてきた。 10月中旬から 1日中ずっとの 動悸や脈飛びが続き 10月24日の執刀医の定期診察 ・検査では 心臓機能に問題はない、との結果だったが 心電図では やはり 期外収縮 が頻発 していたので メインテートを 朝2.5mg…
コメント:2

続きを読むread more

千本釈迦堂の大根焚き  高野川のカワセミ

まだ3回目、習い始めたばかりの 気功太極拳教室を終えた後 今日行きたかったのは 毎年12月7日・8日に行われる 師走の風物詩 千本釈迦堂の大根焚き と 高野川近く 御蔭通りの銀杏並木 京都の冬の到来を告げる風物詩 西陣にある 千本釈迦堂の大根焚き (だいこだき) あつあつ!味がよう沁みていて おいしい~ 加…
コメント:6

続きを読むread more

晩秋の琵琶湖岸を歩き 眺めた山々

膳所の 義仲寺から歩いて10分ほどの 大津湖岸なぎさ公園へ向かい 久しぶりの琵琶湖湖岸を水際散策     おだやかな波音と 湖面に浮かぶ カモの群れ  のんびりと 釣り糸を垂れる人の姿  早くも 白い雪を冠 して 琵琶湖を見下ろす山々の姿 滋賀県生まれ育ちの私にとって 琵琶湖は 自分の原点 心の故郷 湖岸に立つと 心が…
コメント:2

続きを読むread more

琵琶湖畔 義仲寺

所用で 琵琶湖畔に近い 膳所 (ぜぜ) に出かけたので その後 義仲寺 (ぎちゅうじ)  を訪れ 、 さらに 大津湖岸なぎさ公園 の波打ち際を散策 して 久々の琵琶湖の波音と 水鳥たちと 山々の眺めに癒されました。 義仲寺 は 街中の住宅地の一角 旧東海道沿いに ひっそりと佇む 素朴で小さなお寺ながら、そのこ…
コメント:4

続きを読むread more

心臓病仲間とのひととき

先月10月の執刀医定期診察の際に 初めて知り合った方と 今日は待ち合わせて お昼ご飯を食べながら いろいろ お話 してきました。 弁膜症ではなく 別の疾患で経過観察中の方ですが 同じ心臓外科医を主治医とする患者同士 、 年齢 がほぼ同じ 、わりと近 い府内在住 、ということで 心臓疾患や主治医の あるある話 とか健康関…
コメント:0

続きを読むread more

漢方外来 のち 芸術の秋

ちょうど2年前の秋にも 不定愁訴で受診した漢方外来 11月2日 10月に続き 2度目の予約日   今の私が処方してもらっているのは 2年前と同じ 加味逍遥散 と 桂枝加竜骨牡蛎湯 漢方の診察では 問診に時間をかけ、脈診、舌診、腹診があり その人の「証」と 状態に合わせた漢方が処方される。 8月末からの自分の不定愁訴の状態…
コメント:0

続きを読むread more

ホルター心電計つけながら 醍醐寺散策

お昼12時に 地元かかりつけ医で 24時間ホルター心電計を胸に装着した帰り道 懲りない人 (私) は 醍醐寺歩きへ。 紅葉シーズン突入前の今の時期の醍醐寺は 人混み大混雑のストレスもなく ゆったり散策できます。 旧伝法院横の色づき 弁天堂横の池に咲く ツワブキ 桜の馬場 仁王門前 仁王門…
コメント:6

続きを読むread more

期外収縮が 連日 頻発しています

10月10日から7日間 連日 期外収縮 が頻発中 。 強い自覚症状として こんなに連日継続するのは 再手術退院後 初めて。 期外収縮は 不整脈の中では 健康な人にも起こる 心配のないものと言われているが 自覚症状が強いと 気持ちの良いものではない。 期外収縮の誘因で最も多いのは ストレス らしく ストレスが強 かったり …
コメント:4

続きを読むread more

可愛すぎる!動物の赤ちゃん ~ 京都市動物園

10月12日 仕事帰りのぶらり、京都市動物園へ GO!    今年5月に誕生した国の天然記念物 ツシマヤマネコ の こども2頭 が 10月11日から 1か月間だけ特別公開中。    さらに なんと 誕生まもない生後4日目のグレビーシマウマの赤ちゃんが もう普通に公開されていて 元気 いっぱい走りまわる姿に 釘付けになって…
コメント:2

続きを読むread more

再手術後4度目の低山登り ~ 大文字山へ

5月末の醍醐山登りから4か月半 10月9日 「京都五山の送り火」の 大文字山 (東山如意ヶ嶽) に登ってきた。 銀閣寺登山口から登り 標高465メートルの山頂までは行かず 「大文字の火床」 (標高330メートル) で 眼下に広がる京都市街 の絶景パノラマを ただただ満喫! ゆったりと 憩いの時間を過ご してきた。 …
コメント:4

続きを読むread more

秋の川沿い風景と のらニャン

仕事帰り いろいろな秋色を見つけて楽しみながら 川沿いの小道を 自転車で1時間ほど ゆっくり走る サイクル散策が気持ちいい。 黄金色に実った田んぼと 心地よい秋風にゆれているコスモスの畑   なんとも のどかな光景 ~ 5月に登った 醍醐山 のらニャンたち…
コメント:2

続きを読むread more

深い霧にけむる霊峰 比叡山延暦寺

10月2日 あいにくの風雨で 悪天候の中 世界文化遺産 比叡山延暦寺 のお山に上がってきた。 標高848メートルの比叡山そのものが 延暦寺である。 車で訪れたことはあるけれど ケーブルで行くのは初めて。    この日の目的は 2つ    1つは 坂本ケーブルで 山登りを楽しむことと   山上駅から琵琶湖 を見下ろすパノ…
コメント:2

続きを読むread more

過ぎゆく9月 恵心院の花

9月28日 仕事帰りの ぶらり歩き 酔芙蓉の花は 見頃には まだちょっと早いかな? と思いつつ 宇治 恵心院 (えしんいん) へ  いつ行っても 風情ある季節の草花が迎えてくれる ひっそりと静かな 小さな寺 酔芙蓉 (スイフヨウ) 朝は純白、昼から夕方には ピンク色に、夜は 濃紅にと お酒に酔うように花色を変えてい…
コメント:4

続きを読むread more

体調不良あれこれで 疲れた病院通い

8月下旬 からの この1か月は 自律神経失調的 な不定愁訴 から始まり 消化器系のトラブルにも見舞われて 覚え書きとして記録 しておきたいことが たくさんありながら 「気力」 が不足 して 記事が更新できなかった。 その都度 簡潔に記録 しておけば 大変な作業では なかったのだろうけど それさえできなかった。 今 まと…
コメント:4

続きを読むread more

「萩振る舞い」  ~ 伏見の勝念寺

浄土宗 勝念寺 (しょうねんじ)  通称 「かましき さん」 約20種 100株の満開の萩が 境内中を埋め尽くしている光景は 息を飲むほどに圧巻!!でした。 9月の萩の見頃に 道行く人に自由に見ていただきたい、と 萩をふるまう 「萩振る舞い」 と 名付けて 門を開放されるのだそうです。 「萩振る舞い」 ・・・ なんと 風…
コメント:4

続きを読むread more

桜の下で眠りたい山寺 ~ 西寿寺

京都市の西北エリア 鳴滝 (なるたき) にある 浄土宗の尼寺 西寿寺 (さいじゅじ) を 初めて訪ねました。 観光客の多い 御室仁和寺や妙心寺、等持院 などの大寺院 から ほど近いエリアながら ひっそりと静まる山寺の佇まいと 眼下に市街 が眺望できる絶景の素晴らしさに すっかり 感 じ入ってしまい いろいろと思うことがあり…
コメント:2

続きを読むread more

京都発 目を見張る 医療用シミュレータ

100パーツに分解できる人体模型から 最先端技術 の シミュレータ へ。    京都市にある企業で  目を見張るように先進的な 医療用シュミレータ が 若き技術者によって 次々と開発 されているのを 紹介 していたテレビ番組が とても興味深かった! 「株式会社 京都科学」 明治時代に 人体模型 から始まった会社 だ…
コメント:0

続きを読むread more

半年ぶりの甲状腺科

8月28日は 半年ぶりの「甲状腺腫」の経過観察の受診だった。 予約 があることを あやうく忘れてしまうところだった・・・ 2013年春に 最初の心臓手術後の経過観察で 当時かかっていた内科医で受けた 頸動脈エコー検査で 偶然 甲状腺腫が見つかってから もう 4年半    その時から 1.3cmの大きさは ずっとそのままで …
コメント:2

続きを読むread more

政次が もういない大河

「白黒つけむと 君をひとり待つ     天つたふ日ぞ 楽 しからずや」   独特の存在感を放っていた 小野但馬守政次 が 壮絶な最期 を遂げ 次回から 政次のいない大河 ドラマを観ることになるのは 喪失感 、空虚感 でいっぱいになります。 先週の33話放映後 「政次 ロス」 という言葉を多く見聞きします。 史実の小野但…
コメント:2

続きを読むread more

年に1度の地蔵菩薩のご開扉 ~ 8月の一言寺

最高気温 35℃の猛暑日の午後 月例の 一言寺月参りに参加 した。 炎天下の参道石段を上ってきて 扇風機などはない本堂で 開始を待つ面々は皆 汗が ポタポタと したたる暑さだが 修行 だと思えば それもまた 心地よい。 広く開け放した本堂に 時おり 涼やかな自然の風が吹き抜ける。 その時 つくづく思う。 「 最高に心地よ…
コメント:2

続きを読むread more

薬が 2種類減った!

8月18日 月いちの地元内科医クリニック 受診      いつものように ワーファリンINR値確認の採血 と 1か月分の薬の処方 。 世間はお盆休み明けでもあり、クリニックは 来週 3日間 時期をずらして 夏休み休診になるためか 今日の待合室は大混雑 していた。 私もそうだが 定期通院 している かかりつけ患者が多い。…
コメント:4

続きを読むread more

かすかな初秋の気配  ~ 帰郷

黄金色に色づいた極早生の稲 が 穂を垂れている のどかな農道を走り抜けて 実家に日帰り帰省 しました。 故郷を離れて 40年余りの時が経ち、 どの家でも 人は すっかり 代が移っていますが 山も川 も 山寺や古い社 も 見下ろす琵琶湖 も 昔と変わらぬ自然の風景は多く残っていて いつまでも そうあってほしい 美 しい故郷 …
コメント:4

続きを読むread more

「山の日」 に 「水の怖さ」を思った ~天ケ瀬ダム

台風5号が近畿を直撃 した 8月7日の午後から 天ケ瀬ダムは 5日連続 の大量放流を続 けている。 滋賀県内の数多くの河川 が琵琶湖に流れ込んでいるが      その琵琶湖の水の出口は 京都への琵琶湖疏水と このダムを経て 淀川水系から大阪湾へ下る 2つ しかない。 天ケ瀬ダムは 琵琶湖 から流れ出す水の大部分を引き受けて …
コメント:4

続きを読むread more

久しぶりの特大青あざは ワーファリン効果か?

左足に 1週間くらい前から出現 した青あざが 少しずつ 大きくなって 色も 濃い紫色になってきた。 大きさを計ってみたら 3.5×7.5cm も あった。 今回も どこかでぶつけたとか 打ったとかの痛い記憶 はなく いつできたのかも 気づかなかった。 再手術前の 2014年7月から ワーファリンを飲み始めて ち…
コメント:8

続きを読むread more

放流中の天ケ瀬ダムへ

今年は 各地で 想像を絶するような大水害が続 き 凄まじい水の脅威 を思い知らされます。 そして あまりにも悲惨な現地の状況の報道を見て 少しでも早く 普通の生活を取り戻すことができますよう 願 うばかりです。 天ケ瀬ダムは 観光放流は 行わないので 放流 がいつあるのか 開始も 終了も 予想できないが 2…
コメント:5

続きを読むread more

ワーファリンを 微量増量

昨日の続きではあるが 今日書くことは 私自身の状況である。    7月20日 月1回のかかりつけ内科医受診    ワーファリンコントロールの採血と 1か月分の薬の処方    1か月遅れで結果を聞く 先月6月20日採血の ワーファリンINR値が気になっていた。 3月以降 目標値より低く推移 しているので ワーファリンがあま…
コメント:6

続きを読むread more

医師とのつきあい方(1)                   同じ立場 同じ思い の人がいました!

一瞬 私のことを書かれているのか?! と驚 いた! 数日前に見た 心臓病関係のサイトで 1人の方が書かれていた内容が あまりに 私と そっくりだったから。   私より数年前に 同じ 僧帽弁機械弁置換術 を受けられたようで 機械弁持ちの身の宿命である ワーファリンコントロールの INR数値の心配と 医師とのつきあい方の悩み…
コメント:0

続きを読むread more

歩いて歩いて 天ケ瀬ダムへ

天ケ瀬ダム (あまがせダム)は 平等院などの世界遺産がある観光地 宇治 から 宇治川上流へ 約 3kmの至近距離にある。 緑の中の平坦な川沿いの道をまっすぐ歩けば にぎわう観光地から 40分ほどで到着できる 自然豊かなハイキングコースのダム   途中 興聖寺の山門あたりを過ぎると 観光客の姿は パッタリと見かけなくな…
コメント:2

続きを読むread more

里坊と石積みの門前町~ 40年ぶりの坂本

40年前 就職 した年から 1年半  比叡山の東麓 、琵琶湖西岸に位置する 滋賀県 坂本 に住んでいました。 比叡山延暦寺 と 日吉大社 の門前町として栄え 多くの里坊 と 穴太衆積み(あのうしゅうづみ)と呼ばれる 石垣 、清流 が美しい静かな地域です。 40年も昔の 若かりしあの頃 は まわりが旧跡だらけの歴史豊か…
コメント:2

続きを読むread more

移りゆく季節  花も実も 生きものも 

しとしとと雨の降る日にこそ訪ねたい勧修寺   こちらの紫陽花 は 深 い青一色のみ   その きっぱりと潔 い端麗さに 毎年 心魅かれます。 その青と対照的 な真っ白の ハンゲショウ(半夏生) も 今が見頃 「宸殿」の屋根の上に アオサギがいました。 勧修寺の氷室池に営巣 している野生の…
コメント:2

続きを読むread more