テーマ:発覚から最初の手術まで

入院6日目  手術前日                  2011年11月7日

いよいよ手術前日になった。 午前中に 血圧脈波検査があった。 この検査は 手足の血圧を同時に測定して分析し 血管の弾力性や詰まり具合を調べる検査らしい。 午後は リハビリの先生の訪問、手術室と ICUの看護師さんの訪問、 さらに麻酔科の先生の訪問が続いて それぞれの説明を受けた。 入院前に 手術体験者の皆さんのブロク…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

入院5日目  手術の説明                 2011年11月6日

この日は日曜日。 夕方から 1時間強、先生方がいつもカンファレンスを行うカンファレンスルームにて 夫と共に 担当医であるH先生より 手術の説明を受けた。 まず 術前検査の結果は 脳と胸部のCT検査、MRI検査とも異常なく 心カテ検査でも 心臓の冠動脈にも狭窄などの異常も ないとのことでほっとした。 他の内臓も特に問題がないので…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

入院4日目 個室状態でリラックス            2011年11月5日

11月4日(金) の昼頃に同室に1人入院されたが すぐ外泊で帰宅されたので、私は 水曜に入院以来 木金土日と 結局 4日間ずっと個室状態で リラックスできた。 土曜日なので 検査も回診もなかったが 病棟医長の S先生が 「どうですか?」と来られて 「手術、もう明々後日だから・・・」 なんか先生から緊張感が感じられた。…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

入院3日目(2)   初めての教授回診あり      2011年11月4日

朝8時の朝食後 ゆったり くつろいでいるところに 突然 8時30分頃 心臓血管外科の教授回診があった! 毎日 各患者それぞれに 翌日の予定表が配られるので それにも書かれてはいたが こんな早い時間にあると思っていなかったので あわてた!! 入院初日は 昼前に入院し 終日 超ハードスケジュールで終わり 反対に 2日めの昨日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入院3日目(1)  お気に入りのデイルーム     2011年11月4日

この日も朝6時前に看護師さんに起こされて採血があったので そのまま起き出して ナースステーションで体重と血糖値の測定を 済ませてから デイルームに行った。 外はすごい霧で真っ白だった。 私はここのデイルームがお気に入りで、外の景色を眺めながら 熱いお茶(デイルームに備え付け)を飲み 本や新聞を読んだり、 ボーッとしたり、記…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入院2日目   2011年11月3日

入院初日の昨日夕方の心臓カテーテル検査の終了後も 深夜まで 止血の圧迫処置や 生理食塩水の大量点滴が続き やっと終わって ようやく眠りについたのが 真夜中の3時半だったのに・・・ 夢を見る間もなく 朝6時前に看護師さんに起こされて採血だった。 心臓手術を控えた病人なのに こんなにハードスケジュールで くたくたへとへと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

入院1日目から心臓カテーテル検査(2)          2011年11月2日

心臓カテーテル検査から戻り、やっと病室のベッドに落ち着いたら 夜の7時15分だった。 しかし ここからがまた本当に大変だった!! 左手は、きつく動脈の圧迫止血の処置がされ 添え木のような ものが当てられ、動かせないようになっている。 徐々に圧迫をゆるめて行き、4時間後に圧迫解除するという。 そして 右手首の点滴ラインには…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入院1日目から心臓カテーテル検査(1)        2011年11月2日

きっと無事にまた帰って来られるように念じつつ 夫の車で家を出発 し 指示通りに10時半に入院受付し、各種書類を提出後 3階の心臓血管外科・循環器内科病棟へ到着した。 とても新しく、きれいで 中央が吹き抜けになっている明るい病棟だ。 部屋の準備が遅れていたのか ナースステーション前で 15分程待たされて入った病室は 4…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

入院前に 「高額療養費 限度額適用認定証」 の交付を申請     2011年10月下旬

心臓開心術などという大手術を受けると いったいどれくらいの医療費が かかるのか? 想像もできなかった。 ハンパではなく高額だろうと思ったが (実際 1年半前の卵巣摘出手術とは ひと桁ちがっていた!) 健康保険の高額療養費の限度額制度があるので、それが適用されるだろう とは思っていたが確認しておかないと心配だった。 医師との間で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入院前の再受診     2011年10月末

●10月20日  16日から出ていた咳がひどくなり せき込むようになったため 近所の総合病院内科へ。  3月にも苦しんだあの長引く乾いた咳であった。 こんな時にまた発症するとは!  入院までになんとか治したいと 事情を話し、自分から リクエストして あの「コデインリン酸」 を処方してもらった。 入院後に 心臓カテーテル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入院までの超多忙な2週間               2011年10月末

手術の時期を年明け2月と希望した私に、S先生が 「決めたんなら早い方がいい。 延ばしていいことはひとつもない。年内にやりましょう」 と言われて 年末年始にかかるのは もし体調に何かあったら ややこしいし、 支払う医療費の事を考えると、月初から月末までに 入院、手術、退院と経過するのがベストなので、 11月2日入院、8日手術、術…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手術が決まった日(2)                 2011年10月17日

●10時  心エコー検査受付 予約優先のため 飛び込みの私は かなりの待ち時間を覚悟 ●10時40分~11時  心エコー検査 ●11時すぎ 心臓血管外科受付に戻る  また いつ頃 診察室に呼ばれるのか見当もつかないまま 待って待って ひたすら待って お昼もとっくに過ぎ 待つこと2時間超・・・ ●13時20分 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

手術が決まった日(1)                2011年10月17日

10月17日 S病院 心臓血管外科A先生を受診した。 前日から ほんの少し軽い咳が出ていた。 行きの地下鉄の中から とても緊張していた。 いよいよ手術に向けて走り出したのだと! まだ どのドクターからも 「手術しましょう」 と言われたことはないのに 手術することになる、という覚悟を決めていたからだろうか? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とても長かった2週間               2011年10月初~中旬

私の決断を夫に話すと 「えーっ!!」 と やはり驚かれた。 手術したいとの思いにも、市内ではなく 他県の病院を 選んだことに対しても びっくりしたようだった。 もし手術になるとしても、なぜ市内の○○病院ではダメなのか? なぜ他県まで行かなければいけないのか? という点が 納得できないようだった。 それは当然の気持ちだろう・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心臓外科医 A先生受診の予約          2011年10月3日

自分で考え抜いて決めた心臓外科医A先生の診察を受けるべく、 病院へ電話した。 病院へ電話するだけでも とても緊張した。  これで 手術へ向けて 自分自身がゴーサインを出すことになるんだ、 という覚悟と緊張感だった。 私が このドクターを頼ろうと決めた医師は 「最強ドクター 治せる108人 心臓病編」 伊藤隼也 著 に登場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

決断 ~ 考えに考え抜いた1週間         2011年9月26日~10月2日

9月26日 循環器内科 定期診察日   心電図異常なし。 この日は 心に決意を秘めて受診した。 この日の主治医の言葉しだいでは 次の段階へ 自分で考えている心臓外科医を受診しようと決めていた。 診察室で 「このまま経過観察していて 先生が手術時期だと判断されたら そう言っていただけるのですね?」 とたずねると …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医療者の本音と立場   2011年8月

5月に抗不整脈薬 タンボコールを飲み始め ずっと継続していた。 それ以来 家での血圧測定時にも 「脈間隔変動」の表示は 出なくなり、動悸など不整脈の自覚症状もなく経過していた。   この暑かった夏も、休日は 週2日 早朝ウォーキングを 楽しんでいて 1時間半~2時間ほど歩いたりして元気だった。 主治医からは 「そぞろ歩きの程…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真剣に悩んだ暑い夏     2011年 夏

7月に入ってからは 真剣に、セカンドオピニオンをどの病院の どのドクターに受けるか、この1点で とても悩んでいた。 循環器内科の主治医から 「紹介状は書けないが 自分でどこか探して行くのは自由です」 と 言われた以上、自分で探さなければならなかった。 周りに心臓病経験者もいないし、 どのドクターを頼ればいいのか 全く見当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気持ちが揺れ動き始める  2011年7月4日

循環器内科定期診察日。 「あれ?5月に心臓外科 受診したんだね?」と言われて 不整脈科の○○先生にすすめられて・・・」と答えた。 心臓外科の先生から 主治医のこの副院長先生あてに 電子カルテに 報告文が届いていたようだ。 「あっ 手術適応ってなってるなあ・・・」 私は すでに手術適応レベルに至っているのかが とても気にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初めての心臓血管外科  2011年5月23日

不整脈科の若いドクターのすすめで 話だけ聞きに 同じ総合病院の心臓血管外科を受診した。 循環器内科の主治医(副院長)の指示がないのに 勝手にいいのかな?と 思ったが 不整脈科のドクターがすすめられたので まあいいんだろうと。 心臓外科前で待ってる間 ドキドキしていた。 話を聞くだけといっても、 手術しないといけないと言われ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不整脈科へ   2011年5月

●5月9日 ホルター心電図の結果を聞きに 循環器内科へ。 やはり 不整脈がいくらか出ているとのこと。 「期外収縮」が多いが 「発作性心房細動」もあると言われた。 これらの言葉は 心臓病の本を読んで知っていたので 驚かなかった。 不整脈が出現してきたということは 弁膜症が進行してきたということだと思った。 主治医は 「来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホルター心電図検査を実施           2011年4月6日

4月6日~7日 ホルター心電図検査実施 ●ホルター心電図 通常の心電図は ほんの数分の短時間の検査のため その時に不整脈が起こっていなければ 異常が見つかりません。 そこで 24時間体に装着して 普通の生活をして心電図をとります。 その日は入浴できません。 普通に生活するのですが トイレとか 食事とか 自転車とか 階…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動悸・脈間隔変動・胸の圧迫感が出現        2011年3月

3月は循環器内科以外にも 病院通いで多忙だった。 ●上旬は 歯ぐきと あごのリンパ腺が腫れて歯科を受診した。 ●そして あの東北大震災の日 3月11日は 何日か前からの咳がひどくなり、 夕方から内科を受診していた。 病院の待合室のテレビで 大津波のリアル映像を見て ものすごい衝撃を受けた! 廊下を通るドクターや職員も 驚い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BNP値と逆流レベルが・・・   2011年3月7日

3月7日 循環器内科受診 2月21日の血液検査と心エコーの結果を聞く。 一般的な血液検査にはない項目の 「BNP」を検査した結果を。 BNP・・・脳性ナトリウムペプチド      心臓の機能(働き)を反映する数値で 正常値は 18.4以下。         この値が高いと 心不全の程度が高いというこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

検査技師さんのアドバイス  2011年2月21日

年が明けて 2月、10か月ぶり2度目の心エコー検査。 ずっと後になって この時の検査が とても重要だったことがわかった。 今回の検査技師さんは 前回の若い女性とは全然違っていた。 ベテランらしい男性技師で 検査中に 検査の経過や どんな状態なのかなど わかりやすく話してくれた。 そして その中で こんなことを言われた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

僧帽弁閉鎖不全症を勉強する  2010年秋~冬

6月、8月、12月と 経過観察で定期的に循環器内科を受診していたが 特に検査もなく 投薬もなく 診察時は聴診と血圧の話だけだった。 ドクターは聴診を丁寧にされていた。 専門医だと 聴診でかなりのことがわかるらしい。 この頃の私は 心臓弁膜症について とりつかれたように興味が強まり、 詳しく知りたいと 本を買い込んで読みあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

病名は 「僧帽弁閉鎖不全症」 2010年6月3日~夏

5月13日の卵巣摘出手術後の経過も良く、6月4日から職場復帰した。 6月3日 循環器内科受診。 いよいよ弁膜症と向き合う日々が始まった。 私の弁膜症は 「僧帽弁閉鎖不全症 後尖逸脱」 であった。 僧帽弁は 心臓の左心房と左心室の間にある弁 僧帽弁閉鎖不全症 概略 ●「心臓の病気」 小川聡 監修●より抜粋 左心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

卵巣摘出手術を受けた  2010年5月13日

4月に弁膜症が発覚したが 卵巣摘出手術は予定通り受けることができた。 手術前日に入院した。 入院は 26年くらい前のお産以来だ (別の病院) 家から歩いて5分の総合病院なので便利だが、 築30年以上の病院なので 狭かったり、設備も不便な点がいっぱいあり 居心地はかなり悪くて、早く退院したくてたまらなかった。 ちょうど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弁膜症と告げられた日  2010年4月19日

5月13日予定の卵巣摘出手術までに循環器内科を受診して 3月の 心エコー検査の結果を 一応 聞いておかなければ・・・ 4月19日に 循環器内科を受診した。 担当は副院長先生だった。 院内電子カルテで 婦人科ドクターから 詳細と紹介状がちゃんと届いていた。 「えーと、卵巣摘出手術ね? 血圧が高いんですか?  それじゃ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弁膜症の発覚② ~ついでの心エコー検査で ~    2010年3月

卵巣摘出手術のための術前検査の途中で、その日に限って 血圧がとんでもなく高かったため、 念のためにと 婦人科医師より 心臓エコー(心エコー)検査が追加オーダーされた。 初めての心エコー検査は 女性検査技師が黙々とすすめて15分くらいで終わった。 終了後は、結果などには触れられず 自分もたずねなかった。 心臓に異…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more