テーマ:心臓関係の講演会・書籍・情報 など

AED搭載 自動販売機

最近 は 駅 、公共施設 、スーパーなどの商業施設 、 学校 、会社 などなど 町中の さまざまな場所で AED (自動体外式除細動器) を見かけることが 普通 になってきましたが 先月 初めて目にしたのは 「AED搭載 自動販売機」 でした。 地下鉄駅 ・ 商業施設 ・公共施設 が併合している …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラックペアン

「未来の話をしてるんじゃない!  今の話をしてんだよ!」 主人公の心臓外科医 渡海 が 乱暴にぶっきらぼうに言い放つ 言葉には 深い意味を含んだ 心に響くセリフが多い。 「ブラックペアン」 心臓手術を経験 した者、特に弁膜症手術を受けた者、に とっては 見ないではいられない ドラマが始まった。 私が このブログを…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

京都発 目を見張る 医療用シミュレータ

100パーツに分解できる人体模型から 最先端技術 の シミュレータ へ。    京都市にある企業で  目を見張るように先進的な 医療用シュミレータ が 若き技術者によって 次々と開発 されているのを 紹介 していたテレビ番組が とても興味深かった! 「株式会社 京都科学」 明治時代に 人体模型 から始まった会社 だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手術室の中へ  手術台の上で

「全身麻酔下 という 人体の非常事態 」 全身麻酔の無意識下、 手術室では、 手術台の上では 心臓開心術の実際 は どんなことが行われていたのか? そして 自分の生体は どんな反応を起こしているのか? やっぱり とても興味深 い。 どんな手術でも 命懸けであることにかわりはないが 心臓の鼓動を 一定時間 人工的に止めて …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

心臓のBNP検査 一般市民向けポスター

またまた 病院 です・・・ 一昨日15日から右上わき腹が痛みだし、1年前の腸閉塞の悪夢が 思わず頭をよぎって 土曜の夜だったけど 救急外来を受診   レントゲンと触診で 腸閉塞ではなさそう、とのこと。 月曜の今日もまだ痛みがあったので 消化器内科を受診 しました。 予約優先なので 結局 2時間待ち。 消化器内科の隣に 循環器…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

市民公開講座 ~ 心臓リハビリの有効性

この1週間 動悸がしたり 、頭がフワーッ としたり 休みの日の日中 昏々と眠り続けたり、と体調不良なのに 今日の休日は 予定通り 朝から出かけた。 まず 衆議院京都3区補欠選挙の投票へ。  (不祥事で辞職したイクメン議員の補欠選挙) 今回の投票率は 20%にも満たないようだ。 さもありなん・・・ 確かに バカバカしい選挙だ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

地震大災害 と 機械弁患者

この度の 熊本大地震で 大きな被害に遭われた方々に 心より お見舞い申し上げます。 1日も早く 余震が終息し ライフラインが復旧して 普通の生活に戻れますようにと願うばかりです。 今回 最初の地震が発生した 21時26分 ちょうど NHKテレビ ニュースウォッチ9 を見ていました。 画面に地震速報が流れたのですが …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「闇にあっても光を」の不思議なつながり と 進化し続ける医療

2月にご紹介した 「闇にあっても光を」  ( 若くして 心臓弁膜症で亡くなった 関 茂子さんの闘病記 )  著者の甥である 吉本様より 10冊のご寄贈を受け そのうち数冊を ご希望の方にお届けすることができました。 最近 その本をお送りした心臓仲間の方から   「茂子さんと同じ時代に 心臓病で 兄を亡くしていたので  …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「闇にあっても光を」(関 茂子 著) ご寄贈を受けましたので ご希望の方にお贈りします

「闇にあっても光を」 (関 茂子 著) 昭和30年代に 心臓弁膜症で亡くなった著者の闘病記 私は 2015年5月に拝読 しました。 50年もの時を隔てていても 同病患者として 共感・共有できる 多くの描写に接し、深い思いを抱きました。 特に 手術を希望 しながらも 当時は叶わなかった著者の心情を 思うと せつないものがあり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再生医療 心筋シート治療が 保険適用に

患者自身の身体から採取した細胞を シート状に培養し そのシートを 手術で心臓に貼り付けて 悪化した心臓機能を 改善するという 再生医療 心筋シート治療 が 2016年1月から 公的医療保険の適用 となった。 先進医療である再生医療が 保険適用になるのは初めて。 今回は 「虚血性心不全の重症患者」 が対象 とのこと。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

機械弁置換後の MRI検査は受けられる??

腰椎椎間板ヘルニアの検査として 昨日 MRI検査を受けた。 MRI検査を受けるのは 2010年以来で 2011年、2014年の2度の心臓手術後は 初めてだった。 前回の頃は 何の検査を受けるのにも 何の制限もなかったが 今の私は違う。 1年4か月前に 僧帽弁を機械弁に置換してからは 心臓以外のことで 何かの検査を受ける際に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「下町ロケット」 心臓人工弁開発プロジェクト

池井戸 潤 原作 ・ 阿部 寛 主演 「下町ロケット」  熱い!と 今、 好評で 高視聴率のドラマ! 私は今まで見ていなかったのだけれど 予告で 今日22日(日)の放送から 心臓人工弁開発プロジェクト 「ガウディ計画」 編 が 始まる とのことで これは 絶対に見たい! 困難な開発に挑む技術屋企業ドラマとして、と…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

自然大災害の時に

台風18号による 集中豪雨大災害 凄まじい濁流 の映像は あまりにも ショッキングで 言葉を失いました。  昨日は休みだったので 自衛隊ヘリコプターでの 緊迫した救助の映像を 信じられない思いで テレビ報道に くぎ付けになっていました。 そして 今日の報道では 病院が 水の中で孤立している状態も 映し出されて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「闇にあっても光を」 ( 関 茂子 著)  読みました  

「闇にあっても光を」 (関 茂子 著) カムバックハートさんが ブログで紹介されていて知った この本は 他にも 読まれた方が 多くいらっしゃるようで 先日 このブログにも 「この本をお薦めします」 との コメントをいただきました。 このブログに記録 してきたとおり ちょうど1年前 の今頃 慢性心不全状態 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米田正始先生の講演会へ

「このままでは危ない! 心臓病 と科学的ダイエット」 米田先生の講演会に参加 して来ました。 4月19日(日) 10:30~ 12:30 NHK文化センター 京都教室 にて 内容 ●主な心臓病 についての解説     (狭心症、心筋梗塞 、弁膜症 、大動脈解離 などについて    それぞれの 内科治療と 手術治療…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

闘病記 についての放送

1時間ほど前 NHKの番組の中で 5分足らずの時間 でしたが ” 闘病記が持つ力 ” について放送されていました。 闘病記は 患者でなければ わからない心境を 共有できる、として 大きな力 を持っている、という内容で 大いに共感 しました。 家族であっても 親 しい友人 であっても 患者の心理 、心境を 本当のところ …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

NHK健康応援フェスタ 2013 in 京都              ~すこやかな体と漢方~

今日は 京都市勧業館 "みやこめっせ" で開催された NHK主催の 漢方講演会+シンポジウム に参加して来ました。 漢方薬には 以前から とても興味があります。 実際に もう何年も前の 更年期に入った頃 市販の一般漢方薬 加味逍遥散 (かみしょうようさん) を しばらく服用したら 体が楽になり とても 穏やかに ほんわ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新聞連載 「S病院 心臓血管外科 大動脈治療 」

7月の日曜日 3週にわたって Y新聞朝刊に連載された特集記事のタイトルは 「 深化する医療 ~ S病院 心臓血管外科/大動脈治療 」 私が手術を受けた S病院心臓血管外科での大動脈治療において 近年、治療成績を上げている いくつかの取り組みについて 3回に分けて紹介されていた。 ● 手術時間短縮 救命に成果  転…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

心臓外科医 南淵明宏先生のブログ

私自身は 直接には存じ上げない心臓外科医 南淵先生だが テレビなどのメディアや本などにも よく登場されているので ご存じの人は多いと思う。 私が自分自身で手術の決断をする際 大変参考になった本 「最強ドクター 治せる!108人 ~心臓病編 」 にも もちろん 紹介されているし 著者との "本音対談" のページも とて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「第27回 健脚を血管病から守る公開シンポジウム」 へ

第27回の今回、私の執刀医A先生が会長を 務められたシンポジウムが 今日、滋賀県南草津で 開催されたので参加させていただいた。 800名近い参加者で 今回が今までで 最多人数ということらしく大盛況だった。 会場に入ると 開会までの待ち時間の間 ステージの大型スクリーンに 2011年11月に放送された S病院A先生に密着…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心臓外科医 天野篤先生の著書              「一途一心、命をつなぐ」 を読んで

最近、心臓外科医 天野篤先生の著書 「一途一心、命をつなぐ」 を 読んだ。 医学書、専門書ではなく 一般向けの本である。 天野先生といえば 何といっても 「天皇陛下の心臓手術執刀医」 と して 昨年 日本中にその名を知らしめた先生だ。 そして 天皇陛下は まもなく 順調に手術後1年の日を迎えられる。 だが その事とは別に こ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

講演会 「心房細動から逃げない!」                2012年6月9日

区医師会主催の市民公開講座 講演会に参加した。 タイトルは 「心房細動から逃げない!」 700名近くの参加者で 会場はいっぱいだった。 僧帽弁閉鎖不全症と 心房細動は とても関連が深いし、 私は 僧帽弁形成術と同時に 心房細動を治療するメイズ手術も 受けているので とても関心があった。 また 4人の演者の方のうち お1人は …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心臓外科医 米田正始先生の講演会                 2012年11月19日

11月19日 心臓外科医 米田正始先生の講演会に参加させて いただいた。 私は、初参加だった6月に続き 2度目である。 参加される方は 米田先生の手術を受けた患者さんやご家族が ほとんどだが この講演会には 私のような 別の先生に手術を 受けた患者も 快く参加させていただける。 私の執刀医であるA先生とも お知り合いである。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

10秒間のテレビ出演  2011年11月25日

11月25日 午前中から 手術後初めての遠出となる外来受診を終えて 無事に帰宅してからは 夕方のテレビ番組を楽しみにしていた。 11月21日 退院日の朝に 患者の1人として インタビューを受けた あの番組の放送日だった。 A先生に2日間密着取材したということ、途中で緊急手術が入り それも取材させていただけた、とは 放映の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more