テーマ:四季折々の野草や生き物たち

寒風の中の「春」と 伏見の町

強烈な寒気の日と 春爛漫のような ぽかぽか陽気の日    三寒四温の時期とはいえ、今年は 寒暖の変化が 激し過ぎますね。 先週は 台風並みの暴風と 強い寒気の中、自転車で 伏見の町中へ。 ( 2月17日 ) ● 新高瀬川の堤防土手の 菜の花     セイヨウカラシナ( 西洋芥子菜 )の群生   松本酒造より 少し …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「 私を探して! そして 見つめて 」                ~ 春が近づく 川沿いの道で

春が近づいてきた ポカポカ陽気の川沿い歩きで  いろいろなものに出会えました。( 2月14日 ) そして、その出会いから さらに興味をたどっていくと 知らなかった世界が広がったりして 楽しいですね。 2月14日の 楽しい出会い いろいろ ● 婚姻色の カワウ  この川では 通年 カワウもよく見られるのですが …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

やったー! メジロが 来てくれました!

野鳥さんが 来てくれないかな? と 期待して ベランダの隅に みかんを置いてみたら ヤッター !   メジロ が 来てくれました ! 1羽だけだったり、2~3羽だったり けっこう 頻繁に飛んで来て キョロキョロと 素早くまわりを警戒しながら みかんをつついて行きます。 けっこう食べます。 ガラス越し…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

春を待つ 川沿いの道

雨降りの日  冬枯れ色の川沿いの道  地面に張り付くように 放射状に広がっている ロゼット状の野草たち 冬の環境から身を守るためや 太陽光を 無駄なく浴びるための戦略でしょうか? ロゼットという 姿形の名称は バラの花のイメージから、だそうです。 スイバの 紅葉したロゼットが 枯れた土手の斜面に群生している様子…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

カワセミとの出会いに ときめいて!

水辺の飛ぶ宝石とも呼ばれる 美しい野鳥 「カワセミ」 漢字で書くと「翡翠」  宝石のヒスイと同じ字ですね。 「翡」は カワセミの雄、「翠」は カワセミの雌、 を指す漢字なのだそうです。 2012年に このブログを始めた時 ハンドルネーム「カワセミ」は この鳥からお借りしました。 ふだんよく通る川沿いでも 運が良いと…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more