テーマ:京都から~今日

4月の 恵心院で出会った花 ②

前記事 ① からの 続きです。 これまで 何十回も訪ねている 恵心院に フタバアオイがあったことは 新発見で しかも ちょうど その花を見られて ときめきました! 葉が 地面を覆うように 草丈が低く 1cmほどの小さな花は 葉に隠れるように 地際に 下向きに咲いて いるので 写真を撮るのが 大変でした。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

4月の 恵心院で出会った花 ①

私にとっては マイ植物園のような 宇治の恵心院  観光寺院のような 整然と整えられた庭ではなく 自然のままのような 素朴さに ほっこりとやすらげる お気に入りの場所  そして、 いつ行っても 初めて出会う花や 新しい発見があり 訪ねるたびに ワクワク! ときめきます。 先週 は2回も 訪ねて この時期 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

遅咲き桜「関山」と 桜の和菓子

ソメイヨシノは もう 葉桜になりつつあり 近くの川沿いの道などでは 鬱金桜(ウコンザクラ)や、遅咲き品種の 「関山(カンザン)」が 咲き進んできました。 「 関山 」  (4月5日 撮影 ) まだ4月初旬であることを思えば 遅咲き品種の桜も 今年は やっぱり かなり早いですね…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

黄桜酒造の「黄桜」が 咲きはじめました           ~ 伏見の酒蔵あたりの桜

どこを見ても 桜爛漫の真っただ中、 前日が雨だったこの日 伏見の酒蔵あたりの宇治川派流では ソメイヨシノの 美しい 花筏 が見られました。 散って なお 美しい 、ですね ~          ( 3月29日 撮影 )              
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

恵心院 3月下旬の花たち ②

恵心院 3月下旬の花たち ① からの続きです ● 花蘇芳( ハナズオウ ) 3月22日には まだつぼみでしたが 26日には 咲きはじめていました。 それにしても 目を引く 鮮やかな花色です ● 黄木蓮( キモクレン )エリザベス その名のとおり 優雅でエレガントな花色 ● 真紅の 木瓜(…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

恵心院 3月下旬の 花たち ①

3月22日~26日 今週は1日おきに3度も訪ねた 宇治川右岸の恵心院  1年を通して いつ 行っても 素朴な花たちに 心 癒される お気に入りの場所です。 福島県の三春滝桜の子木が 華やかな満開 でした。 今回 一番の目的だった 椿の 紺侘助(コンワビスケ)だけでなく これまで …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恵心院の 三春滝桜 と 宇治川沿いの 神代曙

一年を通して 何度も訪れる お気に入りの場所 宇治の恵心院 今週は 1日おきに 3度も訪ねてしまいました。 1週間という短い時間の経過の中でも 植物たちの 花の状態や 数の変化 つぼみから開花への変化が 楽しめました。 恵心院には 日本三大桜のひとつ 福島県の 三春滝桜の 子木があり 満開になっています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「菜の花と桜」の季節に想う短歌

早咲きの桜に続いて しだれ桜に ソメイヨシノなど 今年は 駆け足で 一気に満開 になってきました! ありがたいことに、 近場で あちこち 美しい桜景色が 満喫できます。 今年も、 醍醐寺の しだれ桜 宇治 恵心院の 三春瀧桜( みはるたきざくら) 宇治川沿いの 神代曙( じんだいあけぼの ) 近…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

それぞれの 花盛りが 美しい!

あちらこちらで 桜が咲きはじめ コロナ禍の中でも 変わることなく 季節が移ろい 華やかな爛漫の花景色が もうまもなく! ですね。 この時期は、桜の他にも 地味ながら 花盛りを迎えている木も 多く それぞれに 個性があり、 それぞれの美しさが感じられます。 植物の花は 自分の花を 無心に 精一杯 咲かせて…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

隨心院の 梅、桜、樒(しきみ)が 花盛り!

小野小町と深草少将の恋物語「百夜通い」ゆかりの寺 隨心院(ずいしんいん) 花笠に はねず色の小袖姿の少女たちが 梅を持って舞う 毎年恒例の催し「はねず踊りと 今様」は、残念ながら 今年は中止になりましたが、そんなコロナ禍の中でも たおやかな梅の花で 心を癒してもらえれば、とのご趣旨で ありがたいことに 今年は 梅園の入園料…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

長徳寺の おかめ桜 満開!

京都の早咲き桜として知られる 出町柳 長徳寺の おかめ桜 が 満開 になっています ( 3月4日 ) あざやかなピンク色の 小さめの花が ぎっしりと咲き 咲き出した 寒緋桜( カンヒザクラ )との競演が とても華やか! 2018年の台風直撃で 枝が折れてしまった姿は とても痛々…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

春の使者 フキノトウと 早春花の花ざかり           ~ 宇治 恵心院 にて

雪深い里山で育った私にとって 「春の使者」といえば 迷わず フキノトウ その フキノトウを見つけたくて 2月上旬には まだ 気配もなかった 恵心院を また訪れました。 わずか 2週間で 花木たちの顔ぶれや状態は はっきりと 移り変わっていました。 ここでは 四季折々 どの花木も 自己主張することなく あるがま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

寒風の中の「春」と 伏見の町

強烈な寒気の日と 春爛漫のような ぽかぽか陽気の日    三寒四温の時期とはいえ、今年は 寒暖の変化が 激し過ぎますね。 先週は 台風並みの暴風と 強い寒気の中、自転車で 伏見の町中へ。 ( 2月17日 ) ● 新高瀬川の堤防土手の 菜の花     セイヨウカラシナ( 西洋芥子菜 )の群生   松本酒造より 少し …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「五大力さん」の準備が進む 醍醐寺

醍醐寺の年中行事の中で 最も盛大に行われる 2月23日の「五大力尊仁王会」が 今年も 間近になりました。 この日だけの御影の授与や 柴灯大護摩供、 餅上げ力奉納など 毎年 多くの人が訪れて にぎわいます。 令和になり、2月23日は 天皇誕生日の祝日となったので 本来ならば いっそう 混雑するはずですが 今年…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

早春の花たち ~ 宇治 恵心院 にて

お気に入りの場所のひとつ  宇治川右岸の 恵心院 へ 早春の花たちに会いに行きました。( 2月7日 ) 一番の目的だった フキノトウは まだ少し早かったようで 顔を出していませんでしたが いろいろな早春の花木が 迎えてくれました。 ● ソシンロウバイ( 素心蝋梅 )と 本堂 ● オウバイ( 黄梅 )  中国…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

超早咲きの寒桜 今年も咲きはじめました!

毎年 2月の節分の頃には 開花している JR桃山駅の 超早咲き寒桜    もう咲いているかな? と 毎年 そわそわしながら 見に行きます。 昨日 行ったら、今年も もう咲きはじめていました! この木は 駅の ホーム面に 生えています。 この駅のある JR奈良線は 、数年かけての …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

川ざらえで見た 白川砂 ~ 岡崎疎水で

久しぶりに「光秀饅頭」を買いに行った 東山三条の白川沿い   残念ながら お店は定休日だったので  すぐ横にある 光秀さんの「首塚」にお参りした後  岡崎疎水沿いを歩きました。 閑散としています。 途中で 何か所か、川の中に 薄黒く汚れた残雪の塊のようなものが 大きく積み上げられています。 あれは いった…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

七宝記念館→トルコ至宝展→明智光秀の首塚

4月頃から 自律神経失調 や 慢性腰痛 などで ずっと体調不良が続 いていますが 自分が行きたい場所や見たいもの、が 近場に あちこちあるので それを楽 しみに行っています。 6月21日  最高気温 33℃ 暑い~ 地下鉄東山の駅から 白川沿いを北と 南へ それぞれ 歩いて数分の 「省エネ範囲 」…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

水無月6月の勧修寺

6月18日  漢方外来に行った帰りに 勧修寺 (かじゅうじ) に立ち寄りました。 6月の勧修寺   毎年楽 しみにしている景色があります。 睡蓮 (スイレン) ・ 半夏生 (ハンゲショウ) ・ 紫陽花 (アジサイ) 沙羅 (サラ) の花 そして 氷室池に生息 している 鷺 (サギ) たち これらが 同時に楽しめます。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

講演会 「戦国武将 細川藤孝と その周辺」

ふるさと歴史講演会 「戦国武将 細川藤孝と その周辺 」   6月1日(土)  京都府立 京都学・歴彩館 にて 講師  小和田哲男 氏 (静岡大学 名誉教授 )      歴史学者 専門は 日本中世史 特に 戦国時代史      書籍 、講演 、テレビ出演 、ブログなどを通 して      戦国史のおもしろ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

京都薬科大学 薬草植物園の一般公開

薬科大学の学生が 実習で利用する ふだんは非公開の 薬草植物園 「御陵園 (みささぎえん) 」 が 5月25日 の午前と午後 各 2時間ずつだけ 一般公開 (無料) されたので 行ってきました。 住宅地の中にありながら 300種もの薬用植物が 植栽されているそうで 大変 興味深く 見応えがありました。 初夏に一般公開する…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

夢の跡

あの頃 確かに存在していた巨大な建物が 今はもう ない。 土の地面だけになってしまった光景を眺めると 「夢の跡 」 という言葉が浮かんでくる。 1998年2月 関東企業のイトーヨーカドーが 京都に初進出 総合スーパー イトーヨーカドー六地蔵店 が新規開店 した。 店舗は 京都市営地下鉄の終点駅 と地下道で直結 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

山笑う 三室戸寺のつつじ

    山笑う つつじの中に 三室戸寺   ~ カワセミ 西国三十三所観音霊場 第十番札所 三室戸寺 (みむろとじ) 5月のつつじ・しゃくなげ、6月のあじさい、7月の蓮 、秋の紅葉 四季を通じて広大な境内では 花景色が楽 しめます。 本堂 、阿弥陀堂 、鐘楼 令和の御代になった記念に 御朱印をいただきました …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

蹴上のつつじ ~ 蹴上浄水場の一般公開

蹴上 (けあげ) 浄水場   日本最初の急速ろ過方式の浄水場として   明治45年 (1912年) 京都市で初めて給水を開始 京都市民が毎日使う水のほとんどは 滋賀県の琵琶湖を水源 と し 琵琶湖疏水を通って京都に入り こちらの浄水場で 安全安心な水道水となるよう さまざまな浄水処理が行われて 私たちの家庭へ届 けられてい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

近場の藤・ナンジャモンジャ と 桐の花

初夏の陽気の中 、買い物に出たついでに自転車で 川沿いの道から 醍醐寺 までのルートを いつものように あちこちで道草しながら楽 しみました。 今日の目的 だったのは  → 今年も そろそろ見頃かな? 公園の 藤  → 満開の ナンジャモンジャの木  → そろそろ咲いているかな? 醍醐寺の 桐 の花 公園の藤 が …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

身近で楽しむ 「ふだん着の桜」 (8) 散り際も美し

3月初めの おかめ桜や 寒緋桜 から 4月の終わりの 鬱金桜 、八重桜まで 美しい花を 身近で長 く楽しませてくれた「ふだん着の桜」 も そろそろ 終まい( しまい) の時 を迎えています。 「平成」 から「令和」 へと 時代が移りゆく 特別な春で あることを 桜自身も感 じたのか どの木も みな 今年は いっそう長 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

身近で楽しむ 「ふだん着の桜」 (7) 遅咲き八重桜

ソメイヨシノ が ほぼ 葉桜 になった川沿 いでは 今、 遅咲きの 八重桜 が 満開 になっていて 華やかな 「八重桜 ロード」 が 出現 しています。 通るのは 地元の人ばかりですが ここの桜は 毎年 あふれるような ボリューム感 で 見る人 、通る人を魅了 してくれます。 少しずつ品種が異なるよう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

一言寺の 堀りたてのたけのこ と ヤマモモの花

一言寺の 月いちの読経と護摩供 に参加 してきました。 植物であったり、動物 であったり、と ここには毎月 自然の移ろいを感 じる、私なりの楽 しみがあります。 4月の楽 しみは ヤマモモの花 と 堀りたての たけのこ です。 境内の竹林から堀りたての たけのこ 境内で びっくり超特価!で 無人販売 されている…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

身近で楽しむ 「ふだん着の桜」 (5) 川沿いの桜

ふだんの散策に歩 いたり 買い物に 通勤に 自転車で通ったり この川沿 いの遊歩道では 四季それぞれに 多くの種類の花木 が楽 しめるので お気に入りの道    2度の心臓手術後にも リハビリで よく歩きました。 この川沿いの植物 は京都市が管理 しているのか 珍 しい花木も多く 、植物好きには ワクワクする道 {%木we…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more