アクセスカウンタ

心臓弁膜症  2度の心臓手術体験記 〜私の覚え書き

プロフィール

ブログ名
心臓弁膜症 2度の心臓手術体験記 〜私の覚え書き
ブログ紹介
2011年11月の 僧帽弁形成術 +メイズ手術 、
2014年9月の 僧帽弁置換術 + 三尖弁形成術 + メイズ手術
2度の心臓開心術 を受けました。
その体験と 前後の心境や生活を 自分の覚え書きとして綴っています。 
そして その中で ふだん身近に親 しんでいる 京都の風景も 
私好みのままに 紹介しています。                                            〜 カワセミ 〜

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
晩秋の琵琶湖岸を歩き 眺めた山々
晩秋の琵琶湖岸を歩き  眺めた山々 膳所の 義仲寺から歩いて10分ほどの 大津湖岸なぎさ公園へ向かい 久しぶりの琵琶湖湖岸を水際散策     おだやかな波音と 湖面に浮かぶ カモの群れ  のんびりと 釣り糸を垂れる人の姿  早くも 白い雪を冠 して 琵琶湖を見下ろす山々の姿 滋賀県生まれ育ちの私にとって 琵琶湖は 自分の原点 心の故郷 湖岸に立つと 心が安らぎ 癒されていきます〜 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/23 00:02
琵琶湖畔 義仲寺
琵琶湖畔 義仲寺 所用で 琵琶湖畔に近い 膳所 (ぜぜ) に出かけたので その後 義仲寺 (ぎちゅうじ)  を訪れ 、 さらに 大津湖岸なぎさ公園 の波打ち際を散策 して 久々の琵琶湖の波音と 水鳥たちと 山々の眺めに癒されました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/11/22 01:31
心臓病仲間とのひととき
先月10月の執刀医定期診察の際に 初めて知り合った方と 今日は待ち合わせて お昼ご飯を食べながら いろいろ お話 してきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/07 20:46
今日を生きてる小さないのち 〜 のらニャン
今日を生きてる小さないのち 〜 のらニャン 最近 よく見かける のらニャンの母子 かわいらしい動きの仔猫が 3匹 も いるよ! 眺めていると きりがなく 時間が経って行く。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/05 18:02
漢方外来 のち 芸術の秋
漢方外来 のち 芸術の秋 ちょうど2年前の秋にも 不定愁訴で受診した漢方外来 11月2日 10月に続き 2度目の予約日   今の私が処方してもらっているのは 2年前と同じ 加味逍遥散 と 桂枝加竜骨牡蛎湯 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/04 00:49
ホルター心電計つけながら 醍醐寺散策
ホルター心電計つけながら  醍醐寺散策 お昼12時に 地元かかりつけ医で 24時間ホルター心電計を胸に装着した帰り道 懲りない人 (私) は 醍醐寺歩きへ。 紅葉シーズン突入前の今の時期の醍醐寺は 人混み大混雑のストレスもなく ゆったり散策できます。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2017/10/31 22:46
期外収縮が 連日 頻発しています
10月10日から7日間 連日 期外収縮 が頻発中 。 強い自覚症状として こんなに連日継続するのは 再手術退院後 初めて。 期外収縮は 不整脈の中では 健康な人にも起こる 心配のないものと言われているが 自覚症状が強いと 気持ちの良いものではない。 期外収縮の誘因で最も多いのは ストレス らしく ストレスが強 かったり 長期間続く場合に出現 しやすく なるとのこと。 なるほど 今回の私の期外収縮 も 続くストレスに 更に 寝不足が加わっているのが原因かな?と 自己分析 ... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2017/10/16 22:34
可愛すぎる!動物の赤ちゃん 〜 京都市動物園
可愛すぎる!動物の赤ちゃん 〜 京都市動物園 10月12日 仕事帰りのぶらり、京都市動物園へ GO!    今年5月に誕生した国の天然記念物 ツシマヤマネコ の こども2頭 が 10月11日から 1か月間だけ特別公開中。    さらに なんと 誕生まもない生後4日目のグレビーシマウマの赤ちゃんが もう普通に公開されていて 元気 いっぱい走りまわる姿に 釘付けになってしまった! ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/10/15 00:52
再手術後4度目の低山登り 〜 大文字山へ
再手術後4度目の低山登り 〜 大文字山へ 5月末の醍醐山登りから4か月半 10月9日 「京都五山の送り火」の 大文字山 (東山如意ヶ嶽) に登ってきた。 銀閣寺登山口から登り 標高465メートルの山頂までは行かず 「大文字の火床」 (標高330メートル) で 眼下に広がる京都市街 の絶景パノラマを ただただ満喫! ゆったりと 憩いの時間を過ご してきた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2017/10/10 01:59
秋の川沿い風景と のらニャン
秋の川沿い風景と のらニャン 仕事帰り いろいろな秋色を見つけて楽しみながら 川沿いの小道を 自転車で1時間ほど ゆっくり走る サイクル散策が気持ちいい。 黄金色に実った田んぼと 心地よい秋風にゆれているコスモスの畑   なんとも のどかな光景 〜 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/10/08 01:42
深い霧にけむる霊峰 比叡山延暦寺
深い霧にけむる霊峰 比叡山延暦寺 10月2日 あいにくの風雨で 悪天候の中 世界文化遺産 比叡山延暦寺 のお山に上がってきた。 標高848メートルの比叡山そのものが 延暦寺である。 車で訪れたことはあるけれど ケーブルで行くのは初めて。    この日の目的は 2つ    1つは 坂本ケーブルで 山登りを楽しむことと   山上駅から琵琶湖 を見下ろすパノラマビューを楽しむこと   もうひとつは   延暦寺 西塔 釈迦堂での   三十三年ぶりの 秘仏本尊 釈迦如来像 ご開帳 と   初めて開かれる内陣の特... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/10/03 20:27
過ぎゆく9月 恵心院の花
過ぎゆく9月 恵心院の花 9月28日 仕事帰りの ぶらり歩き 酔芙蓉の花は 見頃には まだちょっと早いかな? と思いつつ 宇治 恵心院 (えしんいん) へ  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2017/09/29 22:37
体調不良あれこれで 疲れた病院通い
8月下旬 からの この1か月は 自律神経失調的 な不定愁訴 から始まり 消化器系のトラブルにも見舞われて 覚え書きとして記録 しておきたいことが たくさんありながら 「気力」 が不足 して 記事が更新できなかった。 その都度 簡潔に記録 しておけば 大変な作業では なかったのだろうけど それさえできなかった。 今 まとめようとすると それなりに労力が必要になるが 後々になって 覚え書きが役立つことは多いので 日付順に箇条書きにしておこう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2017/09/22 21:59
「萩振る舞い」  〜 伏見の勝念寺
「萩振る舞い」  〜 伏見の勝念寺 浄土宗 勝念寺 (しょうねんじ)  通称 「かましき さん」 約20種 100株の満開の萩が 境内中を埋め尽くしている光景は 息を飲むほどに圧巻!!でした。 9月の萩の見頃に 道行く人に自由に見ていただきたい、と 萩をふるまう 「萩振る舞い」 と 名付けて 門を開放されるのだそうです。 「萩振る舞い」 ・・・ なんと 風流 で繊細 な日本語 なのでしょう! ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2017/09/21 00:20
桜の下で眠りたい山寺 〜 西寿寺
桜の下で眠りたい山寺 〜 西寿寺 京都市の西北エリア 鳴滝 (なるたき) にある 浄土宗の尼寺 西寿寺 (さいじゅじ) を 初めて訪ねました。 観光客の多い 御室仁和寺や妙心寺、等持院 などの大寺院 から ほど近いエリアながら ひっそりと静まる山寺の佇まいと 眼下に市街 が眺望できる絶景の素晴らしさに すっかり 感 じ入ってしまい いろいろと思うことがありました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/09/05 02:44
京都発 目を見張る 医療用シミュレータ
100パーツに分解できる人体模型から 最先端技術 の シミュレータ へ。    京都市にある企業で  目を見張るように先進的な 医療用シュミレータ が 若き技術者によって 次々と開発 されているのを 紹介 していたテレビ番組が とても興味深かった! 「株式会社 京都科学」 明治時代に 人体模型 から始まった会社 だそうだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/29 19:06
半年ぶりの甲状腺科
半年ぶりの甲状腺科 8月28日は 半年ぶりの「甲状腺腫」の経過観察の受診だった。 予約 があることを あやうく忘れてしまうところだった・・・ 2013年春に 最初の心臓手術後の経過観察で 当時かかっていた内科医で受けた 頸動脈エコー検査で 偶然 甲状腺腫が見つかってから もう 4年半    その時から 1.3cmの大きさは ずっとそのままで 大きくもなっていないし 見た目にも まったくわからず 何の症状もないので ふだんは すっかり忘れていて 定期診察の予約 さえ うっかり忘れそうになる。 ... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/08/29 15:28
政次が もういない大河
「白黒つけむと 君をひとり待つ     天つたふ日ぞ 楽 しからずや」   独特の存在感を放っていた 小野但馬守政次 が 壮絶な最期 を遂げ 次回から 政次のいない大河 ドラマを観ることになるのは 喪失感 、空虚感 でいっぱいになります。 先週の33話放映後 「政次 ロス」 という言葉を多く見聞きします。 史実の小野但馬政次 が どうであったのかは別にして 俳優 高橋一生さんが演 じた 「政次」に とても多くの視聴者が惹きつけられていたから、でしょう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/08/25 03:27
年に1度の地蔵菩薩のご開扉 〜 8月の一言寺
最高気温 35℃の猛暑日の午後 月例の 一言寺月参りに参加 した。 炎天下の参道石段を上ってきて 扇風機などはない本堂で 開始を待つ面々は皆 汗が ポタポタと したたる暑さだが 修行 だと思えば それもまた 心地よい。 広く開け放した本堂に 時おり 涼やかな自然の風が吹き抜ける。 その時 つくづく思う。 「 最高に心地よい〜 なんて 贅沢な風 だろう!」 って。 こういうのが 「本当の贅沢」 なのだと気づかせてもらえる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/08/20 02:25
薬が 2種類減った!
8月18日 月いちの地元内科医クリニック 受診      いつものように ワーファリンINR値確認の採血 と 1か月分の薬の処方 。 世間はお盆休み明けでもあり、クリニックは 来週 3日間 時期をずらして 夏休み休診になるためか 今日の待合室は大混雑 していた。 私もそうだが 定期通院 している かかりつけ患者が多い。 開業されて10数年、 信頼 されてる先生だということが うかがえる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2017/08/19 00:09
かすかな初秋の気配  〜 帰郷
かすかな初秋の気配  〜 帰郷 黄金色に色づいた極早生の稲 が 穂を垂れている のどかな農道を走り抜けて 実家に日帰り帰省 しました。 故郷を離れて 40年余りの時が経ち、 どの家でも 人は すっかり 代が移っていますが 山も川 も 山寺や古い社 も 見下ろす琵琶湖 も 昔と変わらぬ自然の風景は多く残っていて いつまでも そうあってほしい 美 しい故郷 です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2017/08/14 22:54
「山の日」 に 「水の怖さ」を思った 〜天ケ瀬ダム
「山の日」 に 「水の怖さ」を思った 〜天ケ瀬ダム 台風5号が近畿を直撃 した 8月7日の午後から 天ケ瀬ダムは 5日連続 の大量放流を続 けている。 滋賀県内の数多くの河川 が琵琶湖に流れ込んでいるが      その琵琶湖の水の出口は 京都への琵琶湖疏水と このダムを経て 淀川水系から大阪湾へ下る 2つ しかない。 天ケ瀬ダムは 琵琶湖 から流れ出す水の大部分を引き受けて 50年間 稼働 し続けている 働き者なのだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2017/08/11 22:19
久しぶりの特大青あざは ワーファリン効果か?
久しぶりの特大青あざは ワーファリン効果か? 左足に 1週間くらい前から出現 した青あざが 少しずつ 大きくなって 色も 濃い紫色になってきた。 大きさを計ってみたら 3.5×7.5cm も あった。 今回も どこかでぶつけたとか 打ったとかの痛い記憶 はなく いつできたのかも 気づかなかった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2017/08/11 20:25
放流中の天ケ瀬ダムへ
放流中の天ケ瀬ダムへ 今年は 各地で 想像を絶するような大水害が続 き 凄まじい水の脅威 を思い知らされます。 そして あまりにも悲惨な現地の状況の報道を見て 少しでも早く 普通の生活を取り戻すことができますよう 願 うばかりです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2017/07/29 02:07
ワーファリンを 微量増量
昨日の続きではあるが 今日書くことは 私自身の状況である。    7月20日 月1回のかかりつけ内科医受診    ワーファリンコントロールの採血と 1か月分の薬の処方    1か月遅れで結果を聞く 先月6月20日採血の ワーファリンINR値が気になっていた。 3月以降 目標値より低く推移 しているので ワーファリンがあまり効 いていないのでは? と 不安になる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2017/07/22 01:09
医師とのつきあい方(1)                   同じ立場 同じ思い の人がいました!
一瞬 私のことを書かれているのか?! と驚 いた! 数日前に見た 心臓病関係のサイトで 1人の方が書かれていた内容が あまりに 私と そっくりだったから。   私より数年前に 同じ 僧帽弁機械弁置換術 を受けられたようで 機械弁持ちの身の宿命である ワーファリンコントロールの INR数値の心配と 医師とのつきあい方の悩みがつづられていて その心理 、揺れる気持ち、も 同 じだった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/21 00:59
歩いて歩いて 天ケ瀬ダムへ
歩いて歩いて 天ケ瀬ダムへ 天ケ瀬ダム (あまがせダム)は 平等院などの世界遺産がある観光地 宇治 から 宇治川上流へ 約 3kmの至近距離にある。 緑の中の平坦な川沿いの道をまっすぐ歩けば にぎわう観光地から 40分ほどで到着できる 自然豊かなハイキングコースのダム   途中 興聖寺の山門あたりを過ぎると 観光客の姿は パッタリと見かけなくなる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/07/14 21:53
里坊と石積みの門前町〜 40年ぶりの坂本
里坊と石積みの門前町〜 40年ぶりの坂本 40年前 就職 した年から 1年半  比叡山の東麓 、琵琶湖西岸に位置する 滋賀県 坂本 に住んでいました。 比叡山延暦寺 と 日吉大社 の門前町として栄え 多くの里坊 と 穴太衆積み(あのうしゅうづみ)と呼ばれる 石垣 、清流 が美しい静かな地域です。 40年も昔の 若かりしあの頃 は まわりが旧跡だらけの歴史豊かな場所に住みながら 興味がなく どこにも入ったことがありませんでした。 今の私は その頃の そんな自分に ビックリ します! ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/07/02 01:25
移りゆく季節  花も実も 生きものも 
移りゆく季節  花も実も 生きものも  しとしとと雨の降る日にこそ訪ねたい勧修寺   こちらの紫陽花 は 深 い青一色のみ   その きっぱりと潔 い端麗さに 毎年 心魅かれます。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/06/30 02:51
心臓人工弁置換 「身体障害者1級」の意味
心臓人工弁置換  「身体障害者1級」の意味 障害者福祉制度は 重く 複雑すぎて 私には 制度についての確たる見識 があるわけでは まったくありませんが 私自身 機械弁置換後 身体障害者1級 と認定されてから この2年9か月の間には その根拠というか 意味というか 時々 ふっと ぼんやりと 心をよぎることが何度かありました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2017/06/26 18:12
宇治川右岸歩き (2) 恵心院のバナナの花
宇治川右岸歩き (2) 恵心院のバナナの花 5月30日の醍醐山登山に続き 6月は 頻繁に お寺めぐりや 山歩きをしているので 最近のこのブログは 連日 そのような記事ばかりが続いていますが それは私にとっては 観光記事ではなく 裏を返せば 間接的に 自分自身の不安定な心模様を 綴っていることに他なりません。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/06/17 21:48
宇治川右岸歩き (1) 仏徳山からの眺望
宇治川右岸歩き (1) 仏徳山からの眺望 10日ほど前に梅雨入りしてから ずっと快晴 が続 いています。 暑かったけれど すっきりとした青空に誘われて 宇治川右岸の 仏徳山 (ぶっとくさん) 通称 大吉山 へ登り 素晴らしい眺望を楽 しんだ後  恵心院 (えしんいん)を訪ねたら 珍しい花に出会いました! 仏徳山は 整備された ゆるやかな坂道なので らくらく登れ 緑と木漏れ日いっぱいの気持ちよい ハイキングコーズです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/17 21:47
色づきはじめた 一言寺のヤマモモ 
色づきはじめた 一言寺のヤマモモ  樹齢 400年以上と伝わる 巨大な古木の枝いっぱいに 4月に 目立たない地味な花を咲かせていた 一言寺のヤマモモの木 (京都市登録天然記念物 ) 6月〜7月にかけて 赤い実を付けるのを見たことがなく   今年は絶対 見たい!と 心待ちにしている私   今頃は どんな色になっているのか?と 次回の月参りの日まで待ち切れず、今日 見に行ってみたら! ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/06/13 20:40
花咲く お釈迦さまの木                     真如堂・金戒光明寺・勧修寺
花咲く お釈迦さまの木                     真如堂・金戒光明寺・勧修寺 お釈迦さまが その木の下で悟りをひらいた、とされる 菩提樹    その木の下で入滅 した、とされる 沙羅双樹 どちらも 6月中旬 頃に花が見られますが 菩提樹は開花から 1週間ほどで散ってしまうので その年の見頃時期に合わせて行くのが なかなか難 しい・・・ 昨年初めて見た菩提樹の花  今年も心待ちにしていて 今日行ってみました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/06/12 22:36
撮り鉄気分? のち 今熊野観音寺へ
撮り鉄気分?  のち 今熊野観音寺へ 東福寺駅を出て 北へまっすぐ歩いて行くと JR京都駅に発着 して行く 新幹線 や在来線 を すぐ真下に 間近に見下ろせる跨線橋 があります。 新幹線から 特急 、普通電車まで 上下線とも 分間隔で 次々通って行くので 鉄道好きなら ワクワク の場所です。   さらに そのJRの高架の下を 京阪電車が横切って 走っているのも ちらりと見えます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/03 22:27
深遠さに包み込まれる山の楽しみ
深遠さに包み込まれる山の楽しみ 険しい登山道を登らなければ拝めない貴重なお堂が 上醍醐山上には たくさんありますが 登山中の山中も 深い自然の「気」 「山の精霊の気配」 の ような 神秘さに満ちていて それらが自分の細胞の中に すーっと沁みわたってくるような気がします。 自分も 大自然の一部である、ことを実感でき 包み込まれるような心地よさがあり そういう感覚に浸れることが 私にとっては 山に入る最大の楽 しみです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/06/01 15:48
再手術を経て 山に登れる喜び               新緑の醍醐山登山
再手術を経て 山に登れる喜び                新緑の醍醐山登山 8か月ぶりに 一昨日 上醍醐に登ってきた! 京都市の最高気温 32.2℃の真夏日に   きついことがわかっているのに なぜ苦行のような山登りを決行 したのか?  それは・・・ 朝起きた時 「行きたい!」 と思ったから。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/06/01 00:24
山に登りたいけど また爪が内出血するかな?
あれやこれやと 片付けないといけない事が たくさんあるんだけど それよりも あ〜!山に行きたい!  山に登りたい! 山は 人間も自然の一部である、ということを 教えてくれる。 その実感が 心と身体に沁みわたっていくのが心地よい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/30 00:57
青もみじの中の読経 〜 醍醐寺 観音堂
青もみじの中の読経 〜 醍醐寺 観音堂 月いち地元医の帰り 新緑の醍醐寺へ 。 心に沁みるような 青もみじの中で 心に深く沁み入る読経の空間に出会い 同座させていただきました。 今回は 若手の僧侶 が1人で勤められましたが 魂のこもった素晴らしい読経と ご詠歌の声に 感動 してしまいました。 観音堂では 毎日2回 僧侶と共に、一般のお参りの人も 同座させていただける 読経の時間があります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/26 02:56
ワーファリン が あまり効いていない?
5月23日   今日は 地元内科クリニックで ワーファリンの効き具合確認のための 月1回の採血 と診察   そして 1か月分の薬の処方 (量が多いので 院外処方) 再手術後 2年8か月が経ち  執刀医からご紹介の こちらの先生とのおつきあいも 早くも 2年7か月になりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/24 01:24

続きを見る

トップへ

月別リンク

心臓弁膜症 2度の心臓手術体験記 〜私の覚え書き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる