心臓弁膜症 2度の心臓手術体験記 〜私の覚え書き

アクセスカウンタ

zoom RSS 伏見の酒蔵あたり 〜 中書島からの散策

<<   作成日時 : 2013/01/29 18:05   >>

トラックバック 0 / コメント 4

本来は 今月から開業医院の循環器専門医のもとでの
術後経過診察と薬の処方を受けるよう指示されていたのだが
最近はノロウィルスが流行していて 小児科や内科も標榜して
おられる町の身近なその医院でも ノロウィルスの患者さんが
来られるようなので 感染が怖くてなかなか受診できずにいた。
(ノロウィルスの感染性胃腸炎には 過去数年間に2度罹患経験が
あり、これだけは もう二度とかかりたくない!
私の中で強いトラウマになっている!)

しかし 薬(メインテート 2.5mg)がなくなったので 思案の末
今日は 先月までかかっていた地域中核病院に行って来た。
α先生の診察予約はすでにいっぱいだったので 予約外で受診した。
診察はなく 薬 (メインテート) だけが20日分処方された。
ちょっと気になることもあったので 待ってでも
ホントは診察もしていただきたかったのだが・・・


薬だけで とても早く終わったので、帰りに 中書島から
伏見の酒蔵あたりを ひさしぶりに散策して来た。
気温は低いが 陽がさして晴れていたので とても気持ち良かった。
山茶花の紅色の花があちこち満開で 日本水仙も所々で咲いていた。

かつては城下町として また 京都、奈良、大阪を結ぶ交通の要衝として
栄えた伏見には その面影を今に伝える町並みや史跡が多く残っている。
また 「伏水 (ふしみず・ふくすい)」 と呼ばれる名水が豊かな伏見は
酒どころとしても全国的に有名で 名の知れた酒造会社の蔵が並ぶ。
残念ながら 私は下戸だが 日本酒好きの人が訪れるのには
最高の土地では?

画像
  おいしいお酒が味わえる テーマパーク 黄桜記念館


画像



画像
     
寺田屋
三十石船が大坂と伏見を往来していた江戸時代に賑わった船宿で
坂本龍馬が妻お龍と出会ったことや 襲撃事件の舞台として有名。
すぐ前に 当時の船着き場、すぐ近くには 「竜馬通り商店街」 がある。














テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
いい所ですねー
病院の帰りに こんないいとこが散策できるなんて 羨ましい

私も 行ってみたいなー
最近は感染性の胃腸炎が流行ってて
仕事いくのも怖いです

だいぶん 体調良くなったから
これから無理しないように行きまーす
kiyo
2013/01/30 23:36
kiyoさん 体調大丈夫ですか?
流行中のノロウィルスは感染したくないですね。
私も今 ちょっと脈が乱れ気味かな?
緊張を強いられることが続いていて・・・
私の場合は精神的に無理するタイプなので
精神的に無理しても 脈が乱れることがわかりました。
心臓にはストレスもダメだとよくわかります。
カワセミ
2013/01/31 19:35
今晩は〜(^^)。
全く同じ道順で歩いて居ますね(笑)。
中書島降りたら道は同じになりますね。
宇治川派流は3月末まで水が入らないので
少し雰囲気不足でしたね。
私は前にUP分の残りをUPしたのです。
あいべん
2013/01/31 19:39
あいべんさん こんばんは。
偶然 同じ日に散策されていたと知り、驚きました。
3月中 水が入らないとは知りませんでした。
前回は桜が終わりかけ、柳が美しい頃に歩きました。
十石船が横を通り抜けて行き 絵になる風景でした。
あいべんさんの長建寺のフォト 迫力あります!
カワセミ
2013/01/31 20:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
伏見の酒蔵あたり 〜 中書島からの散策 心臓弁膜症 2度の心臓手術体験記 〜私の覚え書き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる