心臓弁膜症 2度の心臓手術体験記 〜私の覚え書き

アクセスカウンタ

zoom RSS クリニックで採血後  小雨の勧修寺にて

<<   作成日時 : 2015/07/06 19:23   >>

トラックバック 0 / コメント 0

この1週間 ワーファリン2日間休薬 と その後の減量の結果を
調べるために 先週に引き続き 今日も採血に行きました。
結果は 明日 聞きに行きます。
この1週間 少々心配な症状があったので 先生に話したけれど
聴診で 心臓の音も肺の音も 問題ない、とのことで
パルスオキシメータの酸素飽和度も 98%で優秀 でした。
心配な INRの結果は また明日 ここにメモします。

    ・・・・・・・・・・    ・・・・・・・・・・

クリニックの帰りに 小雨の中を
半夏生(はんげしょう) 、蓮 、紫陽花 を見たくて
歩いて歩いて 大好きな勧修寺へ・・・

勧修寺は このブログに しょっちゅうUPしているので
「またか・・・」 と思われそうですが
いつ行っても 人が少なく ゆっくりと落ち着ける、
何時間 いても飽きない 、それほど私の大好きな場所です。


半夏生と紫陽花は 今が見頃 、蓮は まだまだ つぼみが多い。

画像


画像
                半夏生 と 鯉


画像



小雨の中 人は まばらで ずーっと貸切状態 、の〜んびり
まるごと自分の庭のように 静かな氷室池を満喫 してきました。
小雨の中だったから いっそう 池の波紋の中の蓮や
紫陽花が しっとりとしていて素敵 でした。
ここは 小雨の方が風情があるかもしれません。

名神高速と 交通量の多い府道に はさまれているのに
こんなに神秘的な自然のままの池があるのが ウソのようです。
西暦900年 醍醐天皇による創建 ということなので
なんと 1100年以上もの 気が遠くなりそうな時を経てきた
この池 は いくつもの時代の人々を見つめてきたのですね。

 ・・・ つくづく 人の一生は はかないもの、だと 思わされます。
    この長い長い時の中で
    人は何度 生まれ変われたのでしょうか? ・・・


画像
勧修寺に向かう途中 川沿いの小道に                      木槿(むくげ)? の花 が 華やかに満開


途中 、デジカメのバッテリー切 れで
半夏生と 紫陽花の写真が ほとんど撮れずに残念 でした。
できたら 近々 もう一度 見に行きたいと思っています。
体調 は あまり良くないけど
今日は 勧修寺を訪ねることができて よかった〜


 ※ リンク集の中  「そうだ 京都 、行こう。」
   ” 季節の花 ” に
   勧修寺の 半夏生 と 紫陽花 が UPされています

  









テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
クリニックで採血後  小雨の勧修寺にて 心臓弁膜症 2度の心臓手術体験記 〜私の覚え書き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる