心臓弁膜症 2度の心臓手術体験記 〜私の覚え書き

アクセスカウンタ

zoom RSS 咳も治り 一言寺 しまい観音 のち 醍醐寺散策

<<   作成日時 : 2016/12/18 20:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

長引 いていた咳のその後 。 
5日間飲んでも効かなかった抗生剤クラビット(ニューキノロン系)
から変更して処方されたマクロライド系抗生剤 ジスロマック が
よく効 いたようです。
12月10日から 毎朝 500mgを 3日間飲む、
その後 薬効が1週間持続する、という説明でしたが
11日には咳き込みが いっそうひどくなってしまいました。
この先 どうなることか ・・・ と思いましたが
12日になると 少しましになり 13日には あらら??
気がつくと 咳がほとんど出なくなっていました。
薬効持続期間という1週間が そろそろ過ぎますが
今日も 咳は 全然出ないので
今回は ジスロマック がよく効 いた のだと思います。
初めてのこの薬も 自分にとって ひとつの覚え書きになります。


今日は午前中 「金剛王院 一言寺 終い観音」 さんへ。
護摩供読経を聞いてお参りしたあと 参拝者に
境内の大鍋で煮込んだ 「中風除け粥」 が ふるまわれました。
熱々の白かゆは 手作りの梅干や漬物などと共に とてもおいしく
おかわり自由で 私も2杯 いただきました。

画像

金剛王院一言寺は 真言宗醍醐派総本山醍醐寺の別格本山・塔頭
なので 割り箸の袋には 総本山醍醐寺 と印字されています。


お腹いっぱいで 一言寺を出たら 12時半
今日は 青空の気持ちいい晴天だったので
そのまま歩いて 醍醐寺ぶらり散策に向かいました。
一言寺から 醍醐寺までは 歩いて15分ほどです。

紅葉シーズンの大混雑も終わり 静かな醍醐寺境内

画像


今日は 裏のふだん道ルートを通り
上醍醐への登山口 女人堂 まで行ってみました。
画像
上醍醐への登山口  五体の水掛不動様が祀られています
 
今日も下山してくる人が たくさん
ほとんどが 男女とも単独行の中高年でしたが
霊場巡り装束らしき団体さんも下りてきました。
霊場巡りで訪れる人々にとって上醍醐は 難所であっても
どうしても登りたい山岳信仰のお山なのだと思います。
9月に登った時 私も そんな気持ちになりました。
上醍醐への登山道は 私には きつくて苦しくて
これは まさに修行そのものだな 、と思いましたが
精神が深く満たされる 不思議な心境になりました。
 
山上の 開山堂 まで またまた登りたくなってきました〜


帰りに お休み処のベンチで食べた 黒ごまソフトクリーム
とても おいしかった〜
 
画像
お休み処に まだ残っていた鮮やかな紅葉と その向こうに醍醐山

 












テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
咳も治り 一言寺 しまい観音 のち 醍醐寺散策 心臓弁膜症 2度の心臓手術体験記 〜私の覚え書き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる